« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006.07.27

デスノート

みなさん、こんばんは。今日はクライアントにいったら、ここの人が最近デスノート(漫画の方です)にはまっているということでした。デスノートはつい最近まで少年ジャンプに掲載されており私も毎週欠かさずに読んでいました。

そうそうLって死んじゃったんですよね~

さも当然のように私がいうと・・・

え~Lって死ぬんですか!!

(そうかまだコミックスをそこまで読んでいなかったのか・・・(^_^;))

ちょっと悪いことをしました。

まあ、最後のあの少女が誰かという終わり方ですよ~

思わず盛り上がってしまいました。ただまだLの死後のニアとメロとの話までは読んでいないようなのでそこは口が滑ってもいえません(^_^;)

きっとデスノートがあったら今頃●●●人の名前を書いていたかもしれません。

実際になくて良かったにゃ~(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.07.15

地獄をみる人たち

みなさん、こんにちは。ようやく異常事態といわれるゼロ金利が解除されました。他人から何かを借りる時にはコストが必要ですが今までは銀行が日銀からお金を借りても金利がかかりませんでした。まあこれは銀行の体制を安定させるための措置ですが、もっというと銀行のヘボイ経営を救済するためだったわけです。ところがここまで救済してもらっても姿を消す金融機関もありいかにヘボヘボな経営だったよくわかります。これに資本注入とかあったわけですから、これで経営が正常に戻らなかったらアホといわれてもしょうがないと思います。まあ、銀行サイドは一段落というところでしょうか。

ところがこの銀行救済の政策は借りての企業からみると非常に安いコストでお金を借りることができました。この安い金利が5年以上続きました。最初は安いコストと実感しても段々とこれが当たり前だと思ってきました。

キチンとした企業はキチンと資金繰りをして、金利が安いからといってむやみにお金を借りない姿勢でしたがヘボヘボな企業は杜撰な借入をしていました。そこで今回の動きで金利が普通の水準に戻ってくるでしょう。最初は0.25%くらいの借入金利の上昇だと思いますが段々とこの杜撰な借入が首を絞めるようになります。

まあ言い換えるといままではハードルが下がっていましたがこれから段々とハードルが高くなってくるでしょう。ハードルが下がっていた時にはしゃいでいた人たちの会社ゴッコはもうできなくなるでしょう。

株を持っている人は、投資先の借入金残高、在庫残高、不良資産を決算短信などで確認しておいたほうがいいでしょう。これだけでも会社ゴッコをやっているところはわかりますからね~(^_^;)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.13

ソフトの季節ですね~

みなさん、こんばんは。
ソフトクリームをこよなく愛するクロワッサンです(笑)
いや~、暑いですね。まさにこれだけ暑いとソフトの季節ですね。このところ一日一食はソフトクリームです(^_^;)歩いている時にミニストップを見つけると嬉しくなることが多いですね。

ミニストップはコンビニとしてはあまりパッとしませんが、ここのソフトは別です。他のソフトの追随を許しません(^_^;)ずばぬけています・・・・・思い出したらまた食べたくなった・・・・(^_^;)

ところがこのミニストップのソフトを脅かすものが私の前に姿を現しました。知っている人は知っていると思いますし、知らない人は知らないでしょうが(<当たり前だ!)日本橋にあるミカド珈琲という喫茶店のモカソフトは絶品です。ネットで調べるとけっこう有名らしいですが最近はまっています。この界隈に来ると必ず行きます。

私にとって幸運なのは、となりにミニストップがないことですね。もし、ミカドの隣にミニストップがあったら店の前で15分から頭を抱えているでしょう(^_^;)

本当にソフトは最高ですね(^_^;)

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006.07.01

簿記1級

みなさん、こんにちは。先日簿記1級のテキストを見る機会がありました。ここ数年間の会計ビックバンで色々な会計の新しい考え方が出てきました。

連結範囲の見直し
キャッシュフロー表
税効果会計
減損会計
退職給付

これに加えて今年5月1日から会社法が改正されました。これで資本の部という言葉がなくなり利益処分案もなくなりました(経理実務をやっている人は要チェック(^_^;))

こういう新しいことが簿記1級の範囲に次から次へと反映されます。今の受験生は大変だと思いますが、言い換えれば実務のキャリアの差は関係なくなります。以前簿記1級をとったけど今は実務を離れているという方はちょっとテキストを見るとびっくりするのではないでしょうか(笑)

また受験生の方は1級はたしかに簡単ではないですが、1級は終着点ではなくこれよりもさらに奥があります(^_^;)(<さも知っているようだな・・・・オイ)

必要以上に恐れることはありません。単なる通過点くらいに思ってサクッと合格しましょう。

私自身の経験だと、0から3級へのギャップが一番大きかった記憶があります。3級さえとってしまえば必要以上に恐れなければ大丈夫だと思います。

以上簿記1級合格委員会からのお知らせでした(^_^;)

| | コメント (8) | トラックバック (2)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »