« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006.06.28

集中力(^_^;)

みなさん、こんにちは。今日は集中しました。まさに集中力全開って感じっす。それは電車に乗っていて、スーパージャンプを読んでいた時のことで、あまり漫画に集中しすぎて、気がついてみたら、降りるべき駅を二駅乗り過ごしてしまいました。

凄い集中力ですね(^_^;)<本業で発揮しろ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.06.24

虫ぢゃないんだから・・・(^_^;)

みなさん、こんばんは。木にとまっている虫を引っぺがそうとすると、虫はそうはさせないように手足に力を入れて引っぺがされないように踏ん張ります。これは虫だけではなく人間も引っぺがされそうになると必死にしがみつきます(^_^;)

虫はきっと木にとまっているのは、木から汁を吸って自分自身の生命を維持しようとするのだからだと思います。もちろん虫は自分が木にいることが木自体を害するなんてことは思っていませんし、そんなことは気付かないでしょう。

ところが人間は虫とはちょっと違って知恵があります。自分自身が木にいることで、あるいは木にしがみつくことで、木全体が枯れる可能性がある場合は知恵のある人間は木を枯れさせないように配慮します。なぜならばその木が枯れると自分自身も滅んでしまうからです。

あの~、虫ぢゃないんだから・・・・・・
その~なんというか、早く総裁辞めてください(笑)

虫と同じことしないでください(^_^;)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.06.19

撃沈(笑)

みなさん、こんばんは。今日は麹町にあるフランス商工会議所で税務調査のセミナーがありました。1時半くらいのものでしたが、クライアントの人と一緒に出席してきました。参加者が大体50人くらいいたのですが、ほとんどが外人で、説明する人も外人ですた。(^_^;)

説明はもちろん全部英語で質疑応答も英語でした。

みなさん、私が普段やりとりしている英語よりも早く(といってもこれが普通なのでしょう)英語自体は半分もわかりませんでした(^_^;)

でも内容そのものはけっこう頭に入っていたので、英語はわからないけど、内容はわかったという変な結果になりました。

説明する外人は3人で、1人はフランス人みたいで時々フランス語が混じります。Statusを
「スタチュー」(これはステータスのフランス語読み(^_^;))といったり別の人はイギリス人でOftenを「オフトン」と発音したりと私のようなものにはちょっと苦しいものがありました。

そこで、参加者の1人がときどき笑い声を上げるのですが、私はそれのどこがおかしいのかわかりませんし、笑い声を上げるのが1人だけだったのでちょっとうざい(笑)

移転価格にまで話が及んでいたのは楽しかったです(^_^;)

この後説明していた3人の外人を囲んでディスカッションがあったのですが私達はそそくさと会場を出ました。

というのは、このセミナーは外資系の会計事務所の売り込みがメインなのでこのディスカッションに参加すると・・・・・後がコワイコワイ(^_^;)

まあなかなか有意義でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.06.15

たたたた大変なことになった・・・(^_^;)

みなさん、こんにちは。今ワールドカップたけなわですがワイドショーを見ると(って今家にいるのか・・・・・(^_^;)、仕事はどうした?(^_^;))有賀さつきさんの離婚の話とかやっていますがそんな場合ではありません(^_^;)

あの日銀の福井総裁があの村上ファンドに1000万円投資していたことが明らかになりました。しかも2月に解約しようとしていました。私は福井さんという人の人格や人柄は知りませんが

李下に冠を正さず

という諺があります。これはすもも(でしたっけ?)の下で冠(今でいうと帽子でしょうか)を直そうとしていると端から見るとすももをドロボウしているように見えるのよ~という意味です。

日銀総裁といえば、日本の金融政策を決定できる立場ですから、その人が1000万円もファウンドに投資していたというのは究極の「卑怯な」投資行為になります。しかも今年の2月に解約しようとしていました。今年2月というのは今のゼロ金利政策の転換の兆候があった時期で、李下に冠を正さず式には

ゼロ金利政策の方向が転換するのであるから、株は下がるな~
それだったら今のうちに精算しちゃおうっと・・・・

と思われても仕方がありません。

また、まだこの影響は非常に限られた範囲に止まる場合はさほど大きな問題にはならないと思いますが、金融政策を決める人間がコレですから我が国の金融システムの信頼性そのものに発展する可能性があります。

福井さんはこの辺りがちょっと本来一般成人が持つべき基本的な常識が欠如していたと思います。

私としては

福井さんが総裁の座にしがみつくようなことをして欲しくないし、政府もクールに決断して欲しいと思います。本人がしがみつき、政府が庇ってドロドロになったあげくに辞任に追い込まれたというのは、かなりみっともないですからね(^_^;)

以上発展途上人の部屋から政府への提言でした。

PS

私は村上ファンドには出資していません(^_^;)<売り込むな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.02

永ちゃんにハマる(^_^;)

みなさん、こんばんは。先日出張でANAに乗った時に、機内の音楽プログラムで永ちゃんこと矢沢永吉さんの特集をやっていました。プログラムには永ちゃん本人も出演しており、インタビューに比較長い時間答えていました。

実は私は矢沢永吉さんのトークというのはいままで聞いたことがなく、今回の機内放送が初めてでした。いや~かなり特徴があり、思わずまねしたくなりますね(^_^;)

特に印象的だったのは、最近3枚組のCDをリリースしたのですが(未聴)その動機が

ミュージシャンとしてみたときに、やっぱり本場のギターが抜けがいいとか思うけど聞き手はそんなことは聴いていなくて、矢沢のボーカル泣けるね、あの楽曲いいね~と感じるので矢沢さん自身はいままで作り手としてのクオリティーを追究してきたけど、リスナーの立場を置き去りにしていた・・・

自分の音楽家でもなんでもない友達が、矢沢さんの曲って一曲、一曲はクオリティーが高いけどなんか聴いていて疲れるとというかもっとストーンと聞き手に入ってきて欲しい・・・

なかなか文字では再現することができませんが、矢沢さんの独特のトークが新鮮でした。

今度仕事でこのトーク使ってみようかな~(^_^;)

やっぱり内部統制って会社のクオリティーなんだよね~、投資家なんてそんなとこまで見ていないけどそれでも内部統制がもっと投資家にストーンと入ってきて欲しいだよね~、それが内部統制の作り手のクオリティーなんだよな~

って何言っているかちょっとわかりませんね(^_^;)

もう少し修行が必要かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »