« しばらくお待ちください・・・って | トップページ | 微笑ましくない光景(^_^;) »

2006.02.05

微笑ましい光景

みなさん、こんにちは。内容は音楽なので音楽の戯言にアップしようかと思いましたが違う切り口でこっちにアップします。

今年はモーツアルト生誕250周年でNHK(BSでしたっけ?)で毎日がモーツアルトというモーツアルトの足跡を辿る番組が放映されています。我が家は残念ながら機器が揃っていないので衛星放送をみることができませんが(これを書いてまた別の話を思い出しましたがそれはまた別の機会に・・・(^_^;))フレッツスクエアーで同じプログラムを放映していました。金曜日までの放映分を一気に見ました。

印象に残っているのでは、モーツアルトの父親は宮廷演奏家で母親も祖父(だったかな?)が声楽家でいわゆる音楽一家でその生活は慎ましい部屋に5歳年上の姉ナンネルとの4人暮らしでした。

父親はナンネルへの音楽の手ほどきは熱心で、ナンネルのための練習帳というピアノ(当時はグラビノーバという今のピアノよりは控えめなものでした)の練習曲を作って教えたそうです。それがスパルタだったのかやさしく教えたのかわかりませんがおそらく、父親はやさしく教えたのでしょう。

モーツアルトはピアノを直接には教わっていなかったのですが、当時はおもちゃも豊富だったわけではなく適当にピアノを弾いてそこから出る音と遊んでいたそうです。

モーツアルトが5歳に時にK(ケッフェル)1というグラビノーバのための小品を作りました。

こう書くと

天才のモーツアルトは5歳の時から譜面が読めて作曲ができたのか・・・すごいな

と思いますがそうではなく、モーツアルトが何気なく弾いた曲(番組では即興で弾いたといっていましたが)を父親がノートに書き留めておいたそうでもし父親がこの時に書き留めておかなければK1は日の目を見なかったでしょう。

でもおそらく実際は5歳の我が子が何気なく弾いたら見事な旋律でそれを父親が嬉しくなり書き留めたのではないかと思います。そこには音楽家としての視点ではなくやさしい父親の視点だったのでしょう。

書き留めたノートはナンネルの練習帳の空白でそこに

ウォルフガング作る・・・みたいなことを書き記してあります。さすが父親ですね。おそらくモーツアルトは幼年期には両親&姉の愛情を一心に注がれて育ったのでしょうね。

きっと父親が曲を書き留めた後で

ほらほら、これはさっきウォルフガングが弾いたんだよ・・・ちょっと見てごらん

これはすごいね、ウォルフガングはすごいしピアノ上手だね~

なとど和やかに家族で話している光景が目に浮かびます。

私も3歳の時の曲(ってそんなものあるのか?(笑))を父親が書き留めてくれていたらきっと今頃は・・・・以下自粛(^_^;)

|

« しばらくお待ちください・・・って | トップページ | 微笑ましくない光景(^_^;) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15985/8512265

この記事へのトラックバック一覧です: 微笑ましい光景:

» 嫉妬はどこにでもあるんですね~(^_^;) [音楽の戯言]
みなさん、こんにちは。先日からNHK衛星でモーツアルト生誕250年にちなんで毎日 [続きを読む]

受信: 2006.02.09 08:31

» 電子ピアノ グラビノーバ [電子 ピアノ]
電子ピアノと言えば、ヤマハ、カシオ、カワイ、ローランドですね。れぞれの製品の比較・買取・口コミなどの情報サイトです。中古の電子ピアノも沢山あり、その選び方も知っておいた方が良いでしょう。音対策にもなりますね! [続きを読む]

受信: 2007.05.22 12:47

« しばらくお待ちください・・・って | トップページ | 微笑ましくない光景(^_^;) »