« ゲーム | トップページ | 火星人(^_^;) »

2006.02.25

いいのかわるいのか・・・・

みなさん、こんばんは。自分自身がある目標に向かって努力をしてその目標に到達できた時というのは嬉しいものがあり、加えて自信がつきます。一般に目標に到達できたということは人生にとって良いものです。ところがその人の性格や考え方によってむしろ到達できたために悲惨は人生を迎えるケースもあります。

ここにAという人がいます。Aは若い頃から公認会計士になるために一所懸命勉強しました。公認会計士になるためには試験に合格しなければならないし、この試験はAの能力から見ると決して簡単ではありません。何度か不合格の憂き目に遭いましたがどうにかAは公認会計士になることができました。Aの友達も最初は一緒に公認会計士の試験を受けていましたがそのうち1人欠け、2人欠け・・・・・

Aは努力してその目標をクリアーしました。その後Aは公認会計士として様々な経験をしますが仕事は順調に拡がっていきました。そうしているうちにAは上場会社もクライアントにしました。ある日はAはここの社長から相談を持ちかけられました。

業績が悪い、このままだと株価が下がってしまう・・・何かいい方法はないか?

Aはこの会社から多額の顧問料をもらっていたので、何かいい方法を考えることにしました。この時

公認会計士が「何かいい方法」を考えるというのはまずいことになるかもしれないと若干嫌な予感が脳裏をよぎりましたが

いやいや、このくらいだったら大丈夫!

と気を取り直して何かいい方法を考えて社長に進言しました。社長はたいそう喜んで

先生のおかげで株価が下がらなくてすんだ・・・・

この後はこの会社は粉飾決算が問題になり上場廃止になり、この社長と公認会計士Aは悲惨な人生を送ることになりました。

Aは思わず・・・・・

あの時に会計士の試験さえ受かっていなければこんなことにはならなかったのに・・・・

まだまだAの人生はここで終わりではありません。まだまだ先があります。Aが社長の歓心を買いたいがために粉飾のための「何かいい方法」を考えつきその結果その職業上やってはいけないことをやりました。おそらくAにとっては公認会計士にならなかったらこんな人生を送らなかったのかもしれません。

自分自身がステップアップするということは、ビジネスではより重い責任を負う(というか負うことをコミットする)ことが多いですね。その場合一瞬の気のゆるみとか判断ミスは悲惨な結果をもたらします。

いいのかわるいのか・・・・・・(^_^;)

|

« ゲーム | トップページ | 火星人(^_^;) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15985/8822124

この記事へのトラックバック一覧です: いいのかわるいのか・・・・:

« ゲーム | トップページ | 火星人(^_^;) »