« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006.02.27

火星人(^_^;)

みなさん、こんばんは。突然ですがみなさんは火星人を見たことがありますか?

え、見たことない?

実は私は最近火星人を見ました(^_^;)

ここでみなさんはある疑問をお持ちになると思います。たとえば私が異星人を本当に見たとしてそれが火星人とどうして特定することができのか?ということですね。木星人かもしれないし太陽系以外の惑星から来たものかもしれませんよね。それを火星人と特定することができるというのは私がその異星人と意志の疎通ができるということになりますよね。そうだとしてもその異星人が火星から来たとかうそをついているかもしれませんようね。

私は日本語をある程度は理解できますし、英語はほんのちょっぴり理解することができますがそれ以外の言語は理解できません。まして地球以外の言語は理解することは(多分(^_^;))できないでしょう。

ここまで書くと

そういえば民主党のあの堀江メールと同じで・・・・・

思われる方もいると思いますが、そそそそそんなことはありません(^_^;)

http://www.rheon.com/product_b_cn_a.htm

これが証拠です・・・・・・

この火星人はよく働きますし、このおかげで私達は肉まんとかアンパンとかを食べることができるのですね(^_^;)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006.02.25

いいのかわるいのか・・・・

みなさん、こんばんは。自分自身がある目標に向かって努力をしてその目標に到達できた時というのは嬉しいものがあり、加えて自信がつきます。一般に目標に到達できたということは人生にとって良いものです。ところがその人の性格や考え方によってむしろ到達できたために悲惨は人生を迎えるケースもあります。

ここにAという人がいます。Aは若い頃から公認会計士になるために一所懸命勉強しました。公認会計士になるためには試験に合格しなければならないし、この試験はAの能力から見ると決して簡単ではありません。何度か不合格の憂き目に遭いましたがどうにかAは公認会計士になることができました。Aの友達も最初は一緒に公認会計士の試験を受けていましたがそのうち1人欠け、2人欠け・・・・・

Aは努力してその目標をクリアーしました。その後Aは公認会計士として様々な経験をしますが仕事は順調に拡がっていきました。そうしているうちにAは上場会社もクライアントにしました。ある日はAはここの社長から相談を持ちかけられました。

業績が悪い、このままだと株価が下がってしまう・・・何かいい方法はないか?

Aはこの会社から多額の顧問料をもらっていたので、何かいい方法を考えることにしました。この時

公認会計士が「何かいい方法」を考えるというのはまずいことになるかもしれないと若干嫌な予感が脳裏をよぎりましたが

いやいや、このくらいだったら大丈夫!

と気を取り直して何かいい方法を考えて社長に進言しました。社長はたいそう喜んで

先生のおかげで株価が下がらなくてすんだ・・・・

この後はこの会社は粉飾決算が問題になり上場廃止になり、この社長と公認会計士Aは悲惨な人生を送ることになりました。

Aは思わず・・・・・

あの時に会計士の試験さえ受かっていなければこんなことにはならなかったのに・・・・

まだまだAの人生はここで終わりではありません。まだまだ先があります。Aが社長の歓心を買いたいがために粉飾のための「何かいい方法」を考えつきその結果その職業上やってはいけないことをやりました。おそらくAにとっては公認会計士にならなかったらこんな人生を送らなかったのかもしれません。

自分自身がステップアップするということは、ビジネスではより重い責任を負う(というか負うことをコミットする)ことが多いですね。その場合一瞬の気のゆるみとか判断ミスは悲惨な結果をもたらします。

いいのかわるいのか・・・・・・(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.21

ゲーム

みなさん、こんばんは。最近はあまりゲームをやる機会はありませんが、実は私はけっこうゲーマーだったんですよ。以前は得意なゲームはゲーセンで私がやると必ず見物人の固まりができたくらいの腕前でした。もちろんパソコンやPSのゲームのけっこうやりこんでいました。

ドラクエ
女神転生
FF

はそれまでは完全制覇していました。中にはけっこういじわるなゲームがありました。ファンタジーというパソコンゲームですが、ゲームの序盤にゼウスジュースというアイテムを2つ手に入れることができます。このゼウスジュースをゲームの途中に使うといわば無敵の状態になりますし、おもしろがって使っていると・・・・・・

実はゲームの終盤にさしかかるとどうしてもこのゼウスジュースを二度使わないとゲームをクリアーすることができません(笑)

ようするに終盤の本来使う場所以外で使うとゲームをクリアーすることができなくなります。自分がゲームをクリアーすることができないということを理解するのがゲームの最後の最後の方になるのですね(^_^;)

ちょっと意地が悪いゲームですね。でもゲーマーの勘というか何となく序盤では使いたくないアイテムだったので私はその罠にはひっかかりませんでした。

またマジックキャンドルというゲームがありました。これはドラクエ型のゲームですが訪れる村や町、出会う人の数がドラクエとは桁が違うくらい多いのですね。たとえばAという村である情報を聞いて、ゲームを進めていきKという村に行くと・・・

そのことはAの●●に聞け・・・・

みたいな情報を得ることができますが、そんないちいち人の名前をちゃんと覚えているなんてことはできません(^_^;)(←現実の私と同じですね(笑))そこでパソコンをもう一台用意してデーターベースソフトをインストールして、

会った場所
会った人の名前
話した内容

をデータベース化しました(^_^;)←バカ

それでもマジックキャンドルは解けませんでした(^_^;)

またマイトアンドマジックというゲームもありました。これは解けた人は宇宙で5人くらいしかいないんじゃないか・・・・作った人も解けないんぢゃないかと思うくらい難解なゲームでした。

たとえば、ドラクエを思い出してください。ドラクエは命からがら村にたどり着いたら一安心ですよね。マイトアンドマジックは命からがら村にたどり着いても宿屋にモンスターが出ます。あっというまに全滅(笑)

もっと古いとウィーザードリーというゲームがあります。私は最初の悪い魔法使いのワードナーを倒すというものしかやっていませんがこれも苦労しました(^_^;)

またまたドラクエを思い出してください。ドラクエは全滅してもお金が半分になるだけで最後にセーブしたところから再スタートですよね。

ウィザードリーは全滅したらそれで終わり(笑)

全滅したパーティを生き返らすには、新たにパーティを作って前のパーティが全滅したところまでいって死体を教会に持ち帰って生き返らせてもらう(生き返らない確率も結構高い)という苦労をします。このゲームはドラクエで後に取り入れられた「転職」が早くから取り入れられていましたが、なかなかキャラクターのレベルが上がらずに、苦労してあげたのにモンスターのエナージドレイン攻撃を受けるとレベルが下がってしまうというとんでもない攻撃があります。

これをやられると生きる望みを失います(^_^;)

仕事がもう少し落ち着いたらまたゲーマーに戻りたい今日この頃ですね~♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.02.20

封印した言葉(^_^;)

みなさん、こんばんは。私達の身の回りには色々な言葉があります。正しく使われている言葉、誤って使っていてもそれが正しいと思って使われている言葉、なんだかわからないくらも使っている言葉(笑)など本当に色々あります。

最近よく耳にする言葉は

これなんか良くね?

みたいな言い方ですね。

良くね
え、そう良くね?
良くねぇよ
いや、良くね~ってことないよ、本当に良くね?

などとちゃうちゃう犬みたいな話になってしまうケースもあります(笑)

私が自分自身に対して封印している言葉は、良くね?ではなく

役不足

です。これは実際には使いづらいです。ほとんどのケースでは

君、、来月から課長になってくれ
え~、本当ですか?ありがとうございます。でも私なんか役不足でつとまるのでしょうか?
でも頑張ります

みたいな謙遜する意味で役不足を使います。本来の意味は逆で自分に与えられる役が自分の力量からみると不足しているのが本来の意味で上記の例を本来の役不足をつかって表現すると

君、来月から課長になってくれ
え~、マジっすか・・・・、私は来月は役員になれると思っていたのに課長っすか、それは役不足ですよ~

という感じになります。謙遜とはほど遠い意味になってしまいます。ところが実際問題として謙遜としての言葉として認識している人が多く、かといって敢えて間違った使い方をするのもなんというか釈然としません。そこで

じゃあ使うのを止めよう・・・

ということにしました。封印言葉第一号です(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.19

税金の季節

みなさん、こんにちは。確定申告のシーズンになりました

平成16年度では配偶者特別控除と配偶者控除のダブルの控除が廃止され、平成17年度では50万円控除されていた老年者控除が廃止されました。税金の制度は全ての人を満足させる制度はないので、制度について論じるとキリがないのですがそれでもここ2年の改正は老人に負担を求めるという感があり個人的には

なんだかな~

と思います。

意外にノーマークなのは消費税で、去年まで全く関係なかったけど今年から消費税が適用される方はけっこう多いと思います。

申告書できたけど税金を納めるためのお金がない(^_^;)

などということがないようにしましょう。

以上税務署からのお知らせでした(^_^;)

ところでサラリーマンの方はほとんど源泉徴収されていると思いますが、1月の給与明細を見ましたか?

おそらく少し手取りが減っていると思います。(というか所得税が増えている)これは平成18年度から今まで本来の税額の20%をカットする(ただし上限があります)が10%にカット率が減りました(税率が減るのであればいいのですけどね(^_^;))
うっかりすると、給与計算の時に間違っている時もあるので給与明細をチェックしてみましょう。もし、去年と源泉金額が同じであれば、会社の計算は多分間違っています(笑)

以上税務署からのお知らせでした(^_^;)

個人事業者の方は申告は速やかに済ませましょう。期日間際だと税務署は混み合いますからね~

以上税務署からのお知らせでした(^_^;)

で私も確定申告をするのですが、まだ全然何もやっていません(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.02.14

気持ちはわかりますが・・・・

みなさん、こんにちは。自分が他人から見てどう見えるのかというのはほとんどの人は良く見て欲しいと思う人が多いのではないのでしょうか。例えば髪の毛が薄い人はできれば、ふさふさしたいし、顔があまり良くない人はイケメンになりたいとか・・・・・(とりあえず外見的な事に限定します)

例えば私の髪の毛がちょっとさびしくて、これをなんとかするために自然に見えるかつらを装着したとします。これで準備OKで私と会った人は私は髪の毛はふさふさしていると思うでしょう。この状態が3年ほど続くと私は髪の毛がふさふさでしかもイケメンという外見的なものが定着します。私がテレビタレントであればこの外見的なイメージの定着は広範囲なものになるでしょう。

ところがある時に私が何かにぶつかって、鼻をすこしいじったのがバレ、その拍子にカツラが飛んだら・・・・・・・(^_^;)

もちろん、人間の中には自分を少しでも良く見せたいという願望は誰にでもありますし、この願望にうち勝って現在の自分そのままで生きていくのはちょっと大変かもしれません。

それでも、これが私個人の外見を良く見せようとした結果であれば、実際は本当の外見がいつも見ている外見と違っていてもそれが金融市場や証券市場に及ぼす影響など全くないでしょう。

ところが・・・・・・会社の決算が赤字なのに黒字になったようなことをすると、事情が異なります。その会社が提供する情報が正しいと信頼して金融市場や証券市場は動きますし、またその正しさを担保する制度もあるにも拘わらず・・・・・です。特に株式を公開している会社がこれをやるとはっきりいって「詐欺」といってもいいでしょう。詐欺はいけません、詐欺は・・・

粉飾決算は英語でDressingというそうですが、人間の外見のDressingは微笑ましい、いじらしいものがありますが、会社のDressingは間違いなく関係者の一生を棒にふったり、最悪の場合は命を失いますね。



| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006.02.12

国際電話(苦笑編)

みなさん、こんばんは。先週金曜日に私が関わっているフランス系の会社で、どうしても緊急に本社に確認する事態が生じました。そこでフランスの経理の責任者に電話をしてうち合わせをしました。

これだけ書くとどうってことないですが、そのやりとりが苦笑ものですた(^_^;)

まず、私は英語がそれほどペラペラではないのですが、フランスの経理の責任者もそれほどペラペラではありません(笑)。もちろん私はフランス語は話せないし、向こうは日本語は話せないので英語で話しを進める以外の方法はありません。

お互いしゃべる順番になると、英語が出てこないのですね(笑)

おそらく通話時間の半分以上は

えーーーーーーーー
うーーーーーーーん
ひえええええ~

みたいなうめき声だったのではないでしょうか。

きっと私も経理の責任者も一所懸命脳みそをフル稼働して英語を捻出していたと思いますがこの光景を傍から見ているときっと可笑しいだろうな・・・・

と思いながら話していました。

この責任者とは二度ほど会ったことがあり本当に能力もあり、性格もフランス人にしては珍しく(笑)良いので電話している間は英語は思い浮かびませんでしたが苦痛ではありませんでした。

きっとこうやって少しずつ上達していくのでしょうね(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ある放送局(^_^;)

みなさん、こんばんは。私はいままで全然知らなかったのですがテレビを買うと衛星放送を見ていることになるみたいですね(表現が正確ではないと思いますが)先日某放送局から引き落とされている明細を見たら衛星放送の料金が入っていました。

我が家では衛星放送を受信する機器はないので(いまだにチューナー内蔵のテレビではないのですね(^_^;))衛星放送を見ることができません。私もバカなのですが一年以上のこの状態が続いていました。不思議に思って某放送局に問い合わせてみました。

最初はテレビがある家庭では衛星放送を見てるとみなしている・・・みたいな話でした。

でも私は契約をした覚えがありませんし、もともと衛星放送を見る機器がないのに受信の契約をするはずがないと思いますが・・・・

変ですね~、おそらく集金担当者が契約変更をしたと思うのですが・・・・

それだったら一度我が家に来て衛星放送を受信できる状況かどうか見にきてもらえますか?(情けない話ですが・・・・・(^_^;))

おそらく「契約変更」について何か操作があったと思いますがその後すぐに某放送局から連絡があり、これは間違いでした(まあそれ以上は突っ込みませんでした(^_^;))ということになりいままで引き落とされた分は全額返金してもらうことになりました。

現時点でも我が家は衛星放送を受信できる機器はまだ据え付けていません(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やっぱりフランス人は・・・(笑)

みなさん、こんばんは。先日フランス人の会計士と仕事でうち合わせをしました。このフランス人は日本語がぺらぺらで漢字も読み書きできます。もちろん英語もぺらぺらで私などからすると大変うらやましい限りです。かなり頭の回転がはやくて

この人は有能なんだろうな・・・・

と思いました。話が輸入の話になり

全部で輸入したのが100㎏で売れたのが20㎏でサンプルが17㎏で・・・・
これで残りは・・・・

みたいな話になりました。私は幸いこの程度は計算できるので

在庫は67㎏か・・・・

とすぐに計算できたのですが、このフランス人の会計士はまごまごしているのですね(笑)

○○さん(フランス人の会計士です)、ひょっとして引き算できないね(笑)
弱点は引き算ですね(笑笑)

そそんなことはありません。

じゃあ、353458-498592592385は?(こんなの私だってすぐにはできません(^_^;))

・・・・・・・・・・・(^_^;)

やっぱり引き算できないだ!やーい、やーい(ほとんどいぢめっこ(^_^;))

やはり引き算は電卓なしではきびしいみたいです(^_^;)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.02.11

微笑ましくない光景(^_^;)

みなさん、こんばんは。東京証券取引所はマザーズに上場しているライブドア株式を上場廃止することに決めたようです。株式投資はオウンリスクとはいえ(おいおいいつもとトーンが全然違うぞ(^_^;))ライブドアが発行している株式数は1,050,000,000,000株です。もっとわかりやすく書くと

じゅうおくごせんまん株です(^_^;)

それほどライブドアに注目していたわけではないので、これだけの株式を発行しているのは最近知りました。マザーズ市場の売買高に占めるライブドアのウエートは80%とも90%ともいわれており株主数も2000万人(記憶違いかもしれませんが)を超えるそうです。これが上場廃止になると、現在のように市場での値段が付かなくなり(倒産したわけではないので紙くずになるとまではいいませんが)株主の経済的な価値を著しく損ねることになるでしょう。またこのライブドア株を担保にお金を借りていたり、株式の信用取引をしたりしている人や会社はあっというまに担保価値がなくなり即座に返済を迫られるか、新たな担保を差し入れる必要があり、破産する可能性もあります。

激震ですし全然微笑ましくありませんね(^_^;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.02.05

微笑ましい光景

みなさん、こんにちは。内容は音楽なので音楽の戯言にアップしようかと思いましたが違う切り口でこっちにアップします。

今年はモーツアルト生誕250周年でNHK(BSでしたっけ?)で毎日がモーツアルトというモーツアルトの足跡を辿る番組が放映されています。我が家は残念ながら機器が揃っていないので衛星放送をみることができませんが(これを書いてまた別の話を思い出しましたがそれはまた別の機会に・・・(^_^;))フレッツスクエアーで同じプログラムを放映していました。金曜日までの放映分を一気に見ました。

印象に残っているのでは、モーツアルトの父親は宮廷演奏家で母親も祖父(だったかな?)が声楽家でいわゆる音楽一家でその生活は慎ましい部屋に5歳年上の姉ナンネルとの4人暮らしでした。

父親はナンネルへの音楽の手ほどきは熱心で、ナンネルのための練習帳というピアノ(当時はグラビノーバという今のピアノよりは控えめなものでした)の練習曲を作って教えたそうです。それがスパルタだったのかやさしく教えたのかわかりませんがおそらく、父親はやさしく教えたのでしょう。

モーツアルトはピアノを直接には教わっていなかったのですが、当時はおもちゃも豊富だったわけではなく適当にピアノを弾いてそこから出る音と遊んでいたそうです。

モーツアルトが5歳に時にK(ケッフェル)1というグラビノーバのための小品を作りました。

こう書くと

天才のモーツアルトは5歳の時から譜面が読めて作曲ができたのか・・・すごいな

と思いますがそうではなく、モーツアルトが何気なく弾いた曲(番組では即興で弾いたといっていましたが)を父親がノートに書き留めておいたそうでもし父親がこの時に書き留めておかなければK1は日の目を見なかったでしょう。

でもおそらく実際は5歳の我が子が何気なく弾いたら見事な旋律でそれを父親が嬉しくなり書き留めたのではないかと思います。そこには音楽家としての視点ではなくやさしい父親の視点だったのでしょう。

書き留めたノートはナンネルの練習帳の空白でそこに

ウォルフガング作る・・・みたいなことを書き記してあります。さすが父親ですね。おそらくモーツアルトは幼年期には両親&姉の愛情を一心に注がれて育ったのでしょうね。

きっと父親が曲を書き留めた後で

ほらほら、これはさっきウォルフガングが弾いたんだよ・・・ちょっと見てごらん

これはすごいね、ウォルフガングはすごいしピアノ上手だね~

なとど和やかに家族で話している光景が目に浮かびます。

私も3歳の時の曲(ってそんなものあるのか?(笑))を父親が書き留めてくれていたらきっと今頃は・・・・以下自粛(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006.02.02

しばらくお待ちください・・・って

みなさん、こんにちは。このところ線路に人が入り込んだり、電車に人が接触したりなどで電車が遅れることに遭遇します。こういう時は

現在点検中に運転を見合わせています。運転までしばらくお待ちください・・・

みたいな場内放送が流れます。

このしばらくというのはけっこう曖昧な表現だと思うのですが、だいたいみなさんの感覚はどのくらい待つと思いますか?

A)10分
B)20分
C)30分
D)マッハ5
E)5光年
F)どれでもない

私はE)です(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »