« 今年もよろしくお願いします | トップページ | 一文字違うだけで・・・・(^_^;) »

2006.01.01

話し言葉と書き言葉と日本語

みなさん、こんにちは。最近は会計も税務も英語もという欲張りな人がけっこう身近にいます。まあ会計とか税務はそれほど詳しくはないのですが、それでもちょっとだけ勉強したのでなんとか相談に乗れますが、私に英語のことを聞いてくるというのははっきりいって人を見る目がありませんね(笑)

もちろん英語をビジネスのために習得するのは100のレッスンよりは1の実践というくらいで、ビジネスの現場の経験を多く踏めるに越したことはなく、一般会話ができてもビジネスの局面で英語を書いたり話したりできなければあまり意味がありません(あくまでも私がいってもどれほど説得力があるかどうかは疑問ですが(^_^;))

よく語学留学というのがありますが、たしかに向こうに一年なり数年いくと英語の環境にいて英語を使わざるを得ないので英語のコミュニケーションそのものは上達するでしょうし少なくても日常の場面でのコミュニケーションには困ることはないと思います。

問題はビジネス文書なのですね。英語を習得してビジネスに使うということは(これはきっと英語だけではないと思いますが)日常会話の習得とはまた違う環境が必要になるかもしれません。

これは日本語でも同じことがいえると思います。私達日本人は日本語を話すことができますがでは日本人が全部キチンとしたビジネス文書が書けるかというとそうではありません。ひどい文章を書く日本人も沢山います(笑)

これは、日常会話の日本語は習得した(のだと思います)がビジネス用の日本語を習得する機会がなかったのだと思います。

この辺りのポイントを押さえておかないと、英語は話せるけどビジネスには使えないというちょっと笑えない状況になってきます。

また、母国語でキチンと話すことができない(よくあの人の話は長くて何をいっているのかポイントがわからないというケースがありますが)場合はいくら英語を覚えてもやはりあの人は日本語も英語も何をいっているのかわからないということになってしまいますね(^_^;)

そういう意味では思考ロジックが未発達なうちから色々な言語を覚えようとすると、一応数カ国語は話せるけどどれも何言っているかわからない(^_^;)ということになってしまいます。

私がいってもどの程度の説得力があるかわかりませんが・・・・(^_^;)

|

« 今年もよろしくお願いします | トップページ | 一文字違うだけで・・・・(^_^;) »

コメント

あかん隊さん、こんにちは。
結局言葉って静態的なものというよりは動態的なものだと思いますから、感性の部分って決して少なくないのですね。状況によっては敬語を皮肉として使う場合もありますからね。
日本語は本当に細やかですがそれでもオールマイティーなセンテンスもあります。

どーも
よろしくお願いします。

多分

しょうがない

に該当する言葉は英語(多分神のみぞしるかも(^_^;))でもフランス語(セラヴィでしょうか)あると思いますが

どうも
よろしくお願いします

に相当する言葉はないと思います。これらは特に意味はないと思いますがそれぞれが置かれた状況によって意味合いが色々と変化します。


まさにパンプルテ(ドラクエやった人ならきっとわかるでしょう(^_^;))に相当しますね。

最近は電子メールを駆使することが多いので聴けない、話せないというのはOKかもしれませんね・・・って私がそうですから(苦笑)

投稿: クロワッサン | 2006.01.02 13:56

日本語も、正確にやろうとか、この意味にベストな言葉は…などと考えはじめると、とても難しいです。
「類語辞典」なるものを探したりもしますが、辞書の辞書が必要かも(爆)。
英語どころではありませぬ。「候文」「古文」「漢文」を書きたい…なんて思ったら、英語よりたいへんです。(英語のレベルにもよりますが)
数年まえ、2年弱通ってみた英会話教室。本当は「reading」と「writing」を主にやりたかったのですが、そういうコースはありませんでした。もっとも、聴けない、話せないのに「読み」も「書き」もないだろう…ということがわかりました(笑)。

投稿: あかん隊 | 2006.01.02 13:34

ポン太さん、こんにちは。
いやいや、両方同時に・・・・

ほらウィーザードリーでも剣が使えて攻撃魔法も使えるサムライとか剣が使えて治療魔法も使えるロードとかいるぢゃないですか(^_^;)

投稿: クロワッサン | 2006.01.02 09:01

Bonne annee!

暮れに「敬語の英語」の類の本を2冊も買ってしまいました。(^^;
日常英会話や正しく美しいビジネス日本語を身につけるほうが先だろう!というココロの声には聞こえないフリをしました。\(^o^)/

今年もよろしくお願いします。

投稿: ポン太 | 2006.01.01 18:13

ねぎこさん、こんにちは。
実はこういう装飾って全然気がつかなかったので単に使ってみたかっただけだったりして・・・(^_^;)

まあ私がこういうことを書いているからといってできるとは限らないわけです・・・・(苦笑)

投稿: クロワッサン | 2006.01.01 16:58

あけましておめでとうございます
今年も、クロさんのブログ、楽しみにしています。
英語…ああ、全然できません。
ビジネス文書(日本語の)…これもダメです。
…しかし、最後の1行、赤字にしなくても、十分説得力ありますよ。

投稿: ねぎこ | 2006.01.01 15:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15985/7941079

この記事へのトラックバック一覧です: 話し言葉と書き言葉と日本語:

« 今年もよろしくお願いします | トップページ | 一文字違うだけで・・・・(^_^;) »