« チョコレート工場 | トップページ | コンビネーションは大切ですね »

2006.01.24

プラシーボ効果

みなさん、こんばんは。プラシーボ効果ってご存じですが?例えば一流で有名なレストランで食べるものは美味しいという先入観があって、場合によってはインスタントコーヒーを出されても

やっぱりあそこのコーヒーはコクがあっておいしいね~

みたいない感じになるんですね。実はこういうことって誰でもあります。私なんかプラシーボの塊でプラシーボが服を着て歩いているようなものです。

以前テレビ番組で

有名な料亭
接客する女将も本物
器もこの料亭でいつも使っているものを使う

ただし唯一違うのが料理人が小学生(笑)という企画をたてそこに視聴者を招待しました。招待された視聴者が料亭に入るとピシッと和服で決めた女将が挨拶をしてお店の由来を説明します。調度品も立派でお客は一気にこのキチンとした雰囲気に馴染んでしまいます。そこで出てきた料理は小学生が遊び半分で作った料理なので味は・・・・

これを仲居さんが運んで、女将が料理の説明をしてお客に出します。味は???なわけですがお客さんの反応は

変わっているけど一流ってこういう味なんだね~

みたいな感じで味わっています。あからさまに「まずい」といった人はいなかったと思います。確かに本物の味というのは分かる人はそうはいないと思いますし(もちろん私も本物の味がわからない人間の1人です(^_^;))同じ味のものでも食べる場所とか雰囲気とか違うとまずくなったり、伝統を感じたりすることがあります。これが愚かな感覚というよりも人間は感受性が強いが故にこういうことがあるというむしろ素晴らしいことだと思います。

またこの逆で某テレビ番組でスターがテレビ局に入ってくる時に身につけているものの金額を発表するコーナーがあります。これを見ているとけっこう時計に凝っている人が多いのですが残念ながら数十万円、数百万円の時計をしていてもその人の全体の品性や雰囲気によってとてもそうは見えない時がけっこうあります。

同じ物を食べてたり見たりしても雰囲気や身につける人によってそれが高級に思えたり安物に思えたりしますね。

高い物を身につけてもそれが安物にしか見えないというのは本人の不徳のいたすところですね。(^_^;)

今日の私が身につけているものの総額は・・・ユーロで公表しようと思いましたが換算レートがいくらかわからないので公表できません。もっともどんなに頑張っても500ユーロはしないのではないかと思います(^_^;)










|

« チョコレート工場 | トップページ | コンビネーションは大切ですね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15985/8321266

この記事へのトラックバック一覧です: プラシーボ効果:

« チョコレート工場 | トップページ | コンビネーションは大切ですね »