« クラリネット五重奏曲 | トップページ | 誓い・・・・(^_^;) »

2005.10.29

保険の基本

みなさん、こんにちは。私達の身の回りには色々な保険があります。保険は不慮の事故や病気などの経済的な損失をカバーするために掛け金を保険料として支払いますよね。この場合の保険料、たとえば生命保険を例にとると、様々な統計データをベースに保険料が算定されます。加入者からみるとわずかな掛け金で万が一の保証が得られるということになります。不幸にも事故が起こった場合には、保険会社から保険金が支払われて不慮の事故や病気による経済的な損失が補填されることになりますね。

・・・・・・ところが・・・・

保険会社が事故が起こった時に不正に保険金を支払わなかった場合はどうなるのでしょうか?

そんなはずあるわけないじゃん・・・・

と思われるかもしれませんが、明治安田生命という保険会社がこれをやってしまいました。状況は以下の通りだそうです。

過去五年間において

死亡保険金と入院給付金の不払い件数は1053件、金額にして52億円

またこれはこの明治安田生命だけではなかったようで、この会社以外の生保38社の合計が435件、金額で20億円あったそうです。しかし・・・・

明治安田生命>>>>>>>これ以外の生保38社

という感じでこの会社の不払いが突出しています(^_^;)
当時は社内では支払抑制目標の設定、管理(これって・・・・(^_^;))が行われていたそうで組織的にこういう不払いが行われていたと思われます。

当然に金融庁は処分をしましたが、これは詐欺といってもいい出来事だと思いますね。

詳細は以下にあります。

http://www.fsa.go.jp/news/newsj/17/hoken/f-20051028-3.html

これを読むと、無茶苦茶なことをしていたんですね。

|

« クラリネット五重奏曲 | トップページ | 誓い・・・・(^_^;) »

コメント

たまやんさん、こんばんは。企業がその存在が社会的に認められたり、存在たりうる条件とはルールを遵守するということになりますね。特に生命保険はその図式が企業対個人になりますから保険会社がこういう不正で不払いをした場合には、個人がそれを指摘して適切ば給付を受けるためには気が遠くなるほどの努力(裁判も含む)が必要になるでしょう。

その意味ではこの保険会社は反社会的な存在といえると思います。報道からはわかりませんが、不当な不払いを行っていた契約者に対しては保険金を本来支払うべき時期から実際に支払った期間に対応する法定利息を加えて支払うべきだと思いますが、その辺りまで報道ではフォローしてほしいと思いますね~

投稿: クロワッサン | 2005.10.29 21:56

クロさん、こんばんは!
今朝の新聞で読みましたが、もうムチャクチャですね。(^^;
うちも数年前に、それまで長年かけていた生命保険を解約して別の保険会社に変えました。「不払い」とは関係ないのですが、やはり保険会社の対応に不審を持ったのが原因でした。
と言っても、うちの保険金額など、その保険会社には痛くもかゆくも無いでしょうけど・・・

投稿: たまやん | 2005.10.29 21:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15985/6721665

この記事へのトラックバック一覧です: 保険の基本:

« クラリネット五重奏曲 | トップページ | 誓い・・・・(^_^;) »