« 現金出納帳 | トップページ | Ω2絶好調 »

2005.10.01

クラリネット協奏曲

みなさん、こんにちは。モーツアルトの曲は晩年になると輝く美しさというよりも、霧がかかった夜の並一つない湖という(あくまでも私の主観ですが)イメージのような美しさの中に幽玄さを感じさせるものもあります。以前触れたピアノ協奏曲27番もそうですし、今回触れるクラリネット協奏曲もそうですね。躍動感のある輝くような曲も良いですが、季節やその時の心境によってはクラリネット協奏曲もなかなか心にしみるものがあります。いま聴いているCDのもう一つの曲はフルートとハーブのための協奏曲ですが、これはまた華麗&優雅で美しい曲です。

とても、モーツアルトが作曲料を値切られて、第三楽章のハーブのソロの部分をとてもシロウトでは演奏できないように(この曲はフランスの男爵家の演奏会のために依頼されたもので父親の男爵がフルートを、娘がハーブを演奏する予定でした)書き換えたというモーツアルトの怨念を感じることはできません(^_^;)

|

« 現金出納帳 | トップページ | Ω2絶好調 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15985/6198297

この記事へのトラックバック一覧です: クラリネット協奏曲:

« 現金出納帳 | トップページ | Ω2絶好調 »