« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005.10.30

ここにも怨念が・・・・(^_^;)

みなさん、こんばんは、モーツアルトの交響曲31番にはパリという名前が付されています。この交響曲はモーツアルトの交響曲のなかで最大の楽器編成を誇る曲で第一楽章を聴くと華やかで堂々としています。モーツアルトは子供の頃から音楽の天才として父親と一緒に何度も演奏旅行にいきそこでは(物珍しさも伴って)いつも賞賛されていました。ところが芸能人でも天才子役は賞賛されますが、これが大人になるとそれほど注目されないということがよくあるように、モーツアルトも幼少期には芸術の中心地のパリでは賞賛されたものが、大人になって訪れた時にはそれほど注目されなかったようです。ただしこの曲はパリの聴衆の心をつかむ必要があったので、当時のフランスの手法をかなり取り入れたそうです。

当時この31番の演奏会の様子を父親への手紙につづった際に・・・・

第一楽章の中で、音量が小さくなった時には聴衆から「チッ」と舌打ちする音がきこえました。その直後当時パリの人が好きなパッセージを入れたらこの「馬鹿ども←ひで~(^_^;)」は案の定喝采をしました・・・・(これはモーツアルトが計算して入れたものでこの喝采も当然だったそうです)

という趣旨のことを書いていたそうです。また第2楽章のアンダンテも書き直しさせられたそうです。(^_^;)

まあ、モーツアルトでも不愉快な感情をもったり、やり直しさせられるわけですから天才ではない私もちょっぴり安心しました。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誓い・・・・(^_^;)

みなさん、こんにちは。現在少年ジャンプに連載されているHunter×Hunterをご覧になっている方はいらっしゃっているでしょうか・・・(ここだけの話ですが、少年ジャンプは現在でも毎週購入しています(^_^;))

この漫画には「念の能力」というものが重要になりますが、ある種の能力はその発動リスクが大きければ大きいほどその能力レベルが高くなります。たとえば、ある能力は特定の悪の集団に属するものにしか発動してはならない、もしそれ以外のものに対して発動した場合は死が訪れる・・・というような感じですね。(読者だったらこの程度のことは当然ご存じだと思います)

視点を変えて、これを私達が活動している生活の場、ビジネスの場に転じてみるとですね・・・さすがに私達の中では念の能力を持っている人はそうはいないと思いますが、それでも自分自身が身につけてきたスキルというものがあると思います。ビジネスの局面においてはそのスキルを発揮して報酬なり給与をもらい、あるいは事業を興すなど様々な形態をとりますが、経済活動をしていきますよね。この中でのリスクはもちろんビジネスとして成功しなかった場合になりますが、同じ成功しなかった場合でも色々な状態があります。

命を落とすまで追いつめられる
莫大な借金を背負ってしまい、再起不能になる
なんとかやり直しができる

大きくわけるとこんな感じでしょうか・・・・
もちろん、失敗なんてしたくないですから、失敗することなんて考えたくありませんが、失敗した時のための誓いをいくつかしておくと最悪の場合は避けられるかもしれません。

たとえば・・・・・

金銭的なことが理由で自ら命を絶たない
借入金の金額は年収(年商)の3倍まで
投資は持っている現預金の20%まで
一夫一婦制を遵守する(笑)→ビジネスではけっこう重要みたいっす(^_^;)

などなど・・・・ですね。

制約が大きいほど最悪の場面に突入することにはならないことが多いかもしれません。

あるいは・・・・・

特殊系になって全ての系列で100%の力を発揮する(これは漫画を見ていない人は何のことをいっているのかわかりませんね(^_^;))ことができるかもしれません。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.10.29

保険の基本

みなさん、こんにちは。私達の身の回りには色々な保険があります。保険は不慮の事故や病気などの経済的な損失をカバーするために掛け金を保険料として支払いますよね。この場合の保険料、たとえば生命保険を例にとると、様々な統計データをベースに保険料が算定されます。加入者からみるとわずかな掛け金で万が一の保証が得られるということになります。不幸にも事故が起こった場合には、保険会社から保険金が支払われて不慮の事故や病気による経済的な損失が補填されることになりますね。

・・・・・・ところが・・・・

保険会社が事故が起こった時に不正に保険金を支払わなかった場合はどうなるのでしょうか?

そんなはずあるわけないじゃん・・・・

と思われるかもしれませんが、明治安田生命という保険会社がこれをやってしまいました。状況は以下の通りだそうです。

過去五年間において

死亡保険金と入院給付金の不払い件数は1053件、金額にして52億円

またこれはこの明治安田生命だけではなかったようで、この会社以外の生保38社の合計が435件、金額で20億円あったそうです。しかし・・・・

明治安田生命>>>>>>>これ以外の生保38社

という感じでこの会社の不払いが突出しています(^_^;)
当時は社内では支払抑制目標の設定、管理(これって・・・・(^_^;))が行われていたそうで組織的にこういう不払いが行われていたと思われます。

当然に金融庁は処分をしましたが、これは詐欺といってもいい出来事だと思いますね。

詳細は以下にあります。

http://www.fsa.go.jp/news/newsj/17/hoken/f-20051028-3.html

これを読むと、無茶苦茶なことをしていたんですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クラリネット五重奏曲

みなさん、こんにちは。私は基本的にはモーツアルト一辺倒といっていいほどなのですが、私が立ち寄らせてもらっている音楽のブログで「クラシック音楽のひとりごと」というブログがあります。

http://www.doblog.com/weblog/myblog/41717

ここの管理人の方は本当に色々な音楽をお聴きになり、曲の感想が深いのでちょくちょく立ち寄らせてもらっています。先日モーツアルトのクラリネット協奏曲を聴いていたら急にクラリネット五重奏も聴きたくなり、CDを買ってきました。このCDを買う前にこのブログでモーツアルトのクラリネット五重奏とカップリングでブラームスのクラリネット五重奏に触れていました。いままでブラームスは聴いたことがなかったのでこれを機会にブラームスも聴いてみたいな~と思うようになり、さっそく聴いてみました。

一度聴いたら・・・・・

どうして私は今までブラームスを避けていたのか・・・・(^_^;)

本当に哀しさをこめた美しさがあります。時間があればブラームスにも守備範囲を広げてみたいと思います。

また最近は葛飾北斎展にも興味がありますね。葛飾北斎の絵は海外に流出しているものも多く今回の展覧会はこの流出しているものを集めたそうです。(去年ゴッホ美術館にいった時に記憶が定かではないのですがここにも北斎の絵があったような気がします)

俄文化人化しているという周囲のうわさがありますね~(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.10.25

フルート協奏曲2番

みなさん、こんにちは。モーツアルトのフルート協奏曲2番というものがあります。これは以前から元々はフルートではなくオーボエのために作曲されたということは知っていたのですが、オーボエ協奏曲として作曲されてから5年後にフルート協奏曲2番として生まれ変わったということは知りませんでした。しかも当時モーツアルトの手元には楽譜はなかったそうです。

今であればCDなどの再生環境があったり楽譜のコピーなどを簡単に取ることができますから

あの部分はどうやったけ?

ということがあれば、CDを聴いたり楽譜のコピーをみたりすることができますが当時はCDなんてないでしょうし、楽譜のコピーなんかもできなかったでしょう。まさに私たちから見ると天才以外の何者でもありません。もちろん楽譜には修正の跡もなかったのでしょう。

でもきっとこの天才は

ぼくは何も作曲なんてしていないよ、神様が人間に音楽を与えただけでその音楽をぼくは見えるのでそれを楽譜に書き留めているだけなんだ。そんな驚かれることは何もしていないよ。その証拠にぼくは経済感覚はゼロだったし・・・・・

などと軽く言い放つのでしょうね。(実際にそういっていたかはもちろん不明(^_^;))

フルート協奏曲2番(もちろん1番もいいのはいうまでもありません)を聴きつつ、天才を偲んでみるのも良いかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.24

演奏会告知

みなさん、こんばんは。私の知人が下記の演奏会に参加しています。
私の大好きなモーツァルトのヴァイオリンとビオラのための協奏交響曲もプログラムに入っています。

フライングマウスオーケストラ
第5回オーケストラ演奏会
11月12日(土) 13:00開場、13:30開演

交響曲1番ニ短調「古典」作品25                 プロコイエフ
ヴァイオリンとビオラのための協奏交響曲変ホ長調K364  モーツアルト
交響曲2番ニ長調作品36                     ベートーヴエン

詳細は下記を参照してください。

http://f-m-o.net/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっとややこしいハフナー

みなさん、こんばんは。今はモーツアルトの後期6大交響曲の最初の方から聴いています。最初の曲は交響曲35番「ハフナー」といわれるもので、私をクラシックに引き入れたハフナーセレナーデと同じ「ハフナー」が冠してあります。このハフナーというのはモーツアルトの父親が親交を深めていたザルツブルクの富豪の「ハフナー家」を意味します。交響曲ハフナーとハフナーセレナーデの間に別にハフナー家のためにセレナーデ(わかりやすいように第二ハフナーセレナーデといいましょう)が書かれました。

ハフナーセレナーデ      1776年
第二ハフナーセレナーデ1782年
交響曲ハフナー      1783年

時系列的にはこんな感じです。交響曲ハフナーはこの第二ハフナーセレナーデをベースにして作られたものなんですね。実は私はつい最近まで、ハフナーセレナーデをベースに作ったものだと思っていて

それにしては曲想がずいぶん違うな(^_^;)<当たり前だ!

と違和感を感じていたものでした。こう書くと第二ハフナーセレナーデも聴いてみたいのですが第二は一度ハフナー家に納品した楽譜を返却してもらいその上で交響曲を作ったのでどうも作品としては第二は存在していないみたいです。

というバックストリーがあるものの、交響曲もセレナーデも祝典ように作曲されたもの(交響曲のベースは息子の爵位授与式のために、セレナーデは娘の婚礼のために作曲されました)なので華麗で躍動感があり、しかもみずみずしいですね。しかし今思うとモーツアルトに結婚式の音楽を作曲してもらうというのもすごいですね。当時の華麗な状況を想像しながら聴くのも良いものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リースって得なんでしょうか・・・

みなさん、こんばんは。よくパソコンやコピー機をリースするという話がありますよね。実は私は社会人になった時からリースというのはその存在意義がよくわかりませんでした。場合によっては

買った方とリースとどっちが得か・・・

という質問に時々出くわすことがあります。どっちが得かなんて考えるまでもありません。(^_^;)
買った方がリースよりも得に決まっています。リースの本質は色々ありますが、ファイナンスであるというのが核心だと思います。

コピー機 購入金額は 10万円

リース料毎月2千円、期間60ヶ月、リース料総額12万円

この10万円と12万円の差額は金利や保険料、償却資産税などですが購入した場合には保険料や償却資産税は同じように発生しますが、金利は発生しません。従って資金状態さえ許せば迷わず購入した方が得です。

我が国の場合は、リースはリース料を費用に計上しますが、欧米ではその本質はファイナンスであることに着目して固定資産と借入金が計上されます。また欧米の会計担当に

日本はリースは資産に計上していないんだよ~(笑)

というと例外なくびっくりします。

細かく突っ込まれるとちょっと・・・・(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.10.22

あの脂肪はどこへ行ったのでしょうね(^_^;)

みなさん、こんばんは。私は身長は175センチあります。身長は大人になったらそう毎年変動するものではありません(^_^;)。しかし体重はけっこう変動することがあります。現在社会人になってから最軽量記録を更新中です。私の体重は85キロの時代が長く10年以上この体重でした。その後少しずつ体重が増えて90キロ目前だった時がありました。これが私の現在の人生の中での最重量記録でした。

さすがにこの身長でこの体重はまずいと思い、少しずつダイエットを始めました。その甲斐があって現在は69キロくらいになりました。現在の体重は17歳の時よりも少なくなっています。概ね20キロくらい減量したことになりますが90キロ近くあった時に、私の肉体を構成していたあの脂肪(あえて肉とはいいません(笑))はいったいどこに行ったのか不思議でなりません。60キロ台というのはいままで全く自分自身には関係なかったことなのですが、これでとりあえずの目標の65キロは視野に入ってきました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.10.18

色づく街角

みなさん、こんばんは。つい最近まで暑さから秋の夜長になり、気がついてみたら木々の葉の色が変わってきました。またさらに気づいてみたら、今年もあと1ヶ月半ですね。もうすぐ今年も終わりです(笑)

毎年同じような光景が繰り返され、この時期になると同じようなことを思います。

仕事に追われて色々なことに忙殺されるのもいいですし、仕事から逃げてじっくり物事を考えてみるのもいいですし、何も考えなく色づく街角をみながらそれなりの想いを抱くのもいいですね。

あまり外国に行った経験がないので、断言することができませんが日本のように一カ所にいながら、春から冬までのバラエティーに富んだ光景に接することができる国というのはそう多くはないそうで、その意味では私たちは自然の移り変わりによって絶えず脳に刺激を受けることができ、また、その印象的な移り変わりを楽しむことができます。

また自分自身もこの印象的な移り変わりの光景の一部になることもあります。

でも一見同じように繰り返されていることは、実は全く同じ状態の繰り返しではありません。今見える光景と一年後に繰り返される光景は確実に一年の時の経過を反映します。

行く川のながれは絶えずして、しかももとの水にあらず・・・・

これを肌で感じ取りつつ色づく街を眺めて色々と考えを巡らすことも

「いとをかし」

ですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.16

ある土地の売買(^_^;)

みなさん、こんばんは。経理関係の仕事に従事していると消費税ってやっかいですね。課税、非課税、免税、対象外などの分類をしなければなりません。以前にある会社が土地を売却したので契約書を見る機会がありました。契約書の内容は以下のような感じでした。

土地代金100,000,000円
消費税      5,000,000
合計      105,000,000円

ある程度消費税に関わっている方はここで(笑)になると思います。また消費税にそれほど関わっていらっしゃらない方のために少し解説すると土地を売ったり買ったりする時や土地そのものを貸して地代を受け取る時にはこれは非課税取引となって消費税はかかりません。ということで上記の土地の売却金額は本来は100,000,000円で良かったのですね。まあこういう金額を請求する会社も会社ですが、これで払ってくる会社も会社です(笑)

消費税は簡単なようで難しくなる局面もあるので自信がない場合は、税理士さんや会計士さんに相談するとハマりが少なくなります。また輸入している会社は消費税の処理がちょっと国内の購入とちょっと違ってきますので注意してくださいね。

以上元簿記講師モードでした(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悲愴とは・・・

みなさん、こんばんは。今日は私にしては珍しくチャイコスフキーの悲愴を聴いています。チャイコスフキーはそんなに何度も聴いているわけではないのですが、以前もこの悲愴を聴いた時に抱いた疑問が再び蘇ってきました。

悲愴は交響曲6番なのですが、この曲を聴いて「どこが悲愴やねん」と思っていました。ネットで調べてみるとпатетическая(パテティチェスカヤ)を日本語で悲愴と訳しているそうです。まあ英語も満足にできない私がロシア語を持ち出すということは無謀そのものですが、このパテティチェスカヤが本来意味するところは熱情とか感激した、熱烈な・・という意味だそうです。またフランス語ではSimphonie pathétiqueという言葉を使っていたそうです。

もともとチャイコスフキーを研究しているわけではないので何を書いてもシロウトの戯言ですが、人が本来持つ情熱や安堵感など色々な感情がこの6番の中に織りなされているような気がします。

今日聴いても少なくても「悲愴」一色という感じはやはりしませんでした。

チャイコスフキーがこの6番の初演後にまもなく死亡したことと悲愴という(フランス語ヴァージョン)のネーミングとが結びついたのでしょうか・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.15

ういっぷって・・・・(^_^;)

みなさん、こんにちは。某社で棚卸資産の話をしていました。ある担当者がしきりに
その

ういっぷは・・・・・

というのですね。

ういっぷって何だ?ヽ(。_゜)ノヘッ?

と思っておそるおそるたずねると

ういっぷって仕掛品のことですよ。

なるほど、ういっぷはWIPですか・・・・・Work in processですね。

一応納得しましたが、あまりういっぷとはいわないようです。素直に仕掛品(しかけひんではありませんよ(^_^;))とか「だぶるあいぴー」とかいうことが多いです。

なるほど、この会社は何でも略して発音するんだな・・・・(^_^;)

ではこの「しっぷ」の件なのですが・・・・・

(内心キタキタキタキタ・・・・)

それは建設仮勘定のことですか?CIP(Construction in progress)ですよね。(^_^;) 普通は「けんかり」だよな~・・・と思いつつ建仮のことは「しっぷ」っていうんですか?まるで船ですね。建仮は場合によっては消費税の取り扱い注意ですよ。まさか全部税抜きにしていませんよね?(^_^;)

消費税の扱いって・・・・・・?

あまり変な呼び方を覚える暇があったら消費税も少し勉強したほうがいいかもしれません(笑)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005.10.10

エネルギーが高まる時

みなさん、こんばんは。子供がおもちゃで遊んでいる時に、別の子供がそのおもちゃを取り上げたとします。取り上げられた子供は泣きじゃくり、全く同じおもちゃを与えようとしても納得せずに「あの取り上げられたおもちゃ」に対して強い執着心を持ちます。これは子供だけではなく違う形ででますが、大人でも同じようです。

以前がらがらの電車の中で座席に座った2人の男が席の空間の取り合いで小競り合いをしていました。遠目で見ていると他の座席はガラガラなのでどちらかが席を移動すれば問題は解決すると思うのですが、当事者はそういう問題ではないのですね。「その空間」を確保するのがその瞬間でのもっとも価値ある闘いなのですね。

このように他人から見て取るにたらない価値のものであっても、それを自分自身が他人から奪われる可能性があったり奪われようとされているような時にはそれはかけがえのないようなものに思えるということがよくあります。もっとひどい場合は実際は無風状態にも拘わらず、自分自身の妄想でそれは他人から奪われようとしていると思った場合も、これを守るために異常なエネルギーを使うことがあります。

その競争に自分自身が勝ち抜いて、そのかけがえのないものを守った後に、冷静に見てみたら、

取るにたらないものだった・・・・・(^_^;)

ということだと悲劇ですよね。それがおもちゃであったり、電車の座席であったり、あるいは他のものであったり・・・・

自分が何かを守ろうとしたり、あるいは奪おうとしたりする時には単なるこの手の錯覚からではなく本当にかけがえのないものなのかどうなのか、冷静に判断できるようになりたいものですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.10.09

2つか3つか・・・・・

みなさん、こんばんは。私たちは色々なことに興味を持ち、その対象物に対して様々な感情を持ちます。その対象物が人であっても物であってもです。もっともわかりやすい感情は「好き」か「嫌い」かだと思います。この対象物が人特に異性である場合はこの感情の結末は幸福をもたらしたり悲劇をもたらしたりします。自分が普段から注目している人や物や事象であればそれが好きなのか嫌いなのか明確な感情を持つことができます。なぜならば、私たち自身がその対象物に対して十分に認識して好きか嫌いか判断する情報を持つことができます。

ところが、普段注目していない対象物に対して好きなのかどうなのかという意志を表明しなければならない場合はちょっと厳しいものがあります。例えば私はゴルフには興味がないのですが

ではクロワッサンさんはゴルフは嫌いなんだね~

といわれると嫌いではないのですね。

じゃあ、ゴルフは好きなの?

そういわれると好きではないのですね。

要するに興味がないので、好きとか嫌いとかいう感情が湧かないのですね。まだ対象物がゴルフやオーティオというような人間ではないものについてならばそれほど問題はないのですが、自分の目の前にいる人に自分のことを好きか嫌いかということをたずねられたり、あるいはAさんが大好きなBさんにAさんのことをどう思うかと聞かれたりする場合は

興味がないのでなんの感情も湧きません・・・・・

というと場合によっては修羅場になる可能性がありますね(^_^;)

「好き」か「嫌い」かの2つの選択肢ではなく「好き」か「嫌い」か「好きでも嫌いでもない」という感情も視野に入れると大きなトラブルを避けることができる場合があるかもしれませんね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.10.08

三文字クイズ

みなさん、こんにちは。よく英語3文字で略してあるものってありますよね?

MRP
BOM
ERP

これは私がたまたま知っているだけで生産管理の専門家ではありません(^_^;)、従って何の略か質問されても困ります(^_^;)<だったら書くな!

CEO
CFO

というものも時々みますね。みなさんの中には

これ知っている!!

という人もいらっしゃると思います。

CEOはChief Executive Officer
CFOはChief Financial Officer

の略ですよね。でも・・・・・これが何の略かは実際はケースバイケースです。まさに人によるということですね。ポイントは最初のCなんですよね。人材によっては

Cheap executive officer
Cheap finaicial officer

ではCOOは?

それはChief operational officer かCheap Operatinal Officerでしょう?

違います(^_^;)

COOは鳩がクークーとなく鳴き声です(^_^;)

いや~、3文字略語は難しいですね(^_^;)<無理矢理だぞ!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005.10.02

ラテンも良いですね

みなさん、こんにちは。たまにしっかりしたパーカッションに乗ったラテンの音楽も聴きたく鳴るときがあります。手元に一枚だけですがセルジオメンデスとブラジル66というグループのCDがあります。何気なく手に取ったCDですが何かに惹かれて購入しました。ボサノバで情熱的な曲もあれば美しいメロディーラインの曲もあり、どちらも私の希望通りパーカーションがしっかりしたリズムを刻んでいます。

このグループは女性ボーカルが全面に出ており、まさに見事なボーカルがパーカッションのリズムに乗っかり、そこに男性コーラスが絡むという構成になっています。

私はリアルタイムでこのグループは知らないのですが、メンバーの入れ替わりが激しく後にブラジル77なったり、ブラジル88になったりしたそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Ω2絶好調

みなさん、こんばんは。当ブログで時々触れていますが、私が所有している音楽の再生環境はスピーカーはなく(正確にはBOSEのアクティブスピーカーはあるのですが(^_^;))ヘッドホーン環境です。ただヘッドホーン環境は自分自身でもちょっと奢って、STAXのSR007(通称Ω2)とアンプはSRM007tという私の耳のレベルからすると、ちょっと良い環境になっています。また、CDPはマランツのSA8400(さいきんもっと良いCDPが欲しいのですが、散財はいけません、ガマンガマン(^_^;))、タップはオヤイデのオーディオ用のものを使っており、壁コンはなんらケアーしてません。

Ω2は買ったばかりでもそれなりのレベルで鳴るのですが、やはり少し物足りない鳴りかただったのでした。それが少しずつ鳴りかたが良くなってきて昨日あたりから一段と鳴り方が良くなってきました。色々な掲示板を見るとΩ2はエージングが200時間以上必要ということが書いてありますがどうやら今月に入ってからの音楽聴きまくりでエージングが進んできたようです。それなりの投資が必要(とはいってもスピーカーセットと比べるとスピーカーとプリメインアンプが不要な分投資額はある程度押さえることができますが)ですが、こういう環境で音楽を聴くことができるのは良いものです。

参考リンクです

http://www.stax.co.jp/JP/SR007-J.html
http://www.stax.co.jp/JP/SRM007t-J.html
http://www.marantz.jp/ce/products/audio/sacd/sa8400/index.html
http://www.bidders.co.jp/dap/sv/nor1?id=33831921&p=y#body

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.10.01

クラリネット協奏曲

みなさん、こんにちは。モーツアルトの曲は晩年になると輝く美しさというよりも、霧がかかった夜の並一つない湖という(あくまでも私の主観ですが)イメージのような美しさの中に幽玄さを感じさせるものもあります。以前触れたピアノ協奏曲27番もそうですし、今回触れるクラリネット協奏曲もそうですね。躍動感のある輝くような曲も良いですが、季節やその時の心境によってはクラリネット協奏曲もなかなか心にしみるものがあります。いま聴いているCDのもう一つの曲はフルートとハーブのための協奏曲ですが、これはまた華麗&優雅で美しい曲です。

とても、モーツアルトが作曲料を値切られて、第三楽章のハーブのソロの部分をとてもシロウトでは演奏できないように(この曲はフランスの男爵家の演奏会のために依頼されたもので父親の男爵がフルートを、娘がハーブを演奏する予定でした)書き換えたというモーツアルトの怨念を感じることはできません(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »