« SACDはすごいですね | トップページ | カネボウの公認会計士 »

2005.09.10

カラヤンのオーディオ機器

みなさん、こんばんは。ヘルベルトフォンカラヤンは偉大な指揮者の1人ですが、カラヤンってどんなオーディオ機器を使っていたのでしょうね・・・・まあ調べるとわかるのかもしれませんがそこは想像を働かせて考えてみようと思います。カラヤンはおそらく毎日ベルリンフィルの生の音と共に過ごす時間が多かったと思います。これを考えるときっとカラヤンは楽譜を見ると彼の理想の演奏が頭の中で思い浮かぶのではないかと思いますし膨大な曲が彼の脳に入っているはずです。そういう点から

カラヤンは立派なオーディオ機器は必要なかった・・・・

という考えがあります。たしかにどんな高級なオーディオ機器を揃えたところで所詮再生音で原音と比べてなんらかの色づけはされているはずなので、予め色づけされた音などには興味を示さなかったという考え方は頷ける部分があります。曲が聴きたくなったら自分の頭の中で最高の演奏を実感することができる・・・・


また別の考え方として・・・・

いやいや、カラヤンだってプライベイトでは趣味で音楽を楽しみたいということもありますよ~、それだったら自家用ジェットも持っているくらいですから、さぞかしすごいオーディオ機器を持っているはずですよ。カラヤンだっていつもクラシックだけ聴いているわけではないでしょう・・・・

あるいは、ひょっとしたらオーディオ機器のメーカーから

カラヤンさん、是非我が社のオーディオ機器をカラヤンさんのリファレンス用として使ってください・・・・

などという申し出があったのかもしれません。

いや~、そんなこといわれてもうちには死ぬほど沢山のこういった機器があるからな~・・・

などというやりとりがあったのかもしれません(^_^;)<本当かよ!

あるいはカラヤンは既存の機器では自分を満足させるものがないので、再生を楽しむけど色づけされた音は嫌いだから、昔の蓄音機を所有していてレコードを鳴らしていたのかもしれません。

などと考えているとどれもそれなりに説得力があるのですが(^_^;)<そんなことないぞ!どうなんでしょうね?

|

« SACDはすごいですね | トップページ | カネボウの公認会計士 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15985/5874513

この記事へのトラックバック一覧です: カラヤンのオーディオ機器:

« SACDはすごいですね | トップページ | カネボウの公認会計士 »