« 食パンの食べ方 | トップページ | ポストホルン »

2005.08.12

リコーダーのしらべ

みなさん、こんばんは。みなさんは何か楽器をやっていますか?

学生の頃ギターをやった
子供の頃ピアノをやった
ブラスバンドに入って金管をやっていた
ヴォーカル専門さ・・・(^_^;)

色々な方がいらっしゃると思います。私は中学生の頃にウクレレを我流(ってまともに弾けませんが)で始めて以来楽器には縁がなかったのですが、大学に入ってなぜかフルートが吹きたくてブラスバンドに入りました。これであこがれのフルートが吹ける・・・と思ったら体が大きかったのでなぜかチューバをやることになってしまいました(^_^;)これはこれで楽曲の低音を受け持つので曲そのものが締まるのですが、やはりメロディーを演奏したいという気持ちが強くなり、その時にブラスバンドの先輩(サックス)が合宿の時にリコーダーを演奏していたのを聴いてそのシンプルでなんともいえない音色に惹かれてアルトリコーダーを始めました。リコーダーというと

子供の頃やっていたあれか・・・・

と思われる方もいると思います。たしかになかなか音のでないフルートに比べると吹けば誰でも音が出て簡単に演奏することができます。それでも木のリコーダーの音はまさに白眉です。バロック時代にはリコーダーのための楽曲が沢山作曲され、ヘンデルやテレマンもリコーダーのための曲を作曲しています。難易度も奏者のレベルの応じて色々ありどのレベルでもそれなりに演奏を楽しむことができます。仲間にピアノを弾けたり、チェロを弾けたりする人がいればアンサンブルも楽しむことができます。

最近は仕事が忙しくなかなか演奏する時間はとれませんが、なんとか時間をみつけてリコーダーを復活させたいですね。

|

« 食パンの食べ方 | トップページ | ポストホルン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15985/5441913

この記事へのトラックバック一覧です: リコーダーのしらべ:

« 食パンの食べ方 | トップページ | ポストホルン »