« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005.05.28

今日は幸せ~♪

みなさん、こんばんは。
今日は山口県長門市に来ています。ここは年間に3~4回来るのですが、今日はよく行くお寿司やさんにいって夕食を食べました。ここはお寿司や茶碗蒸しが美味しいのですが、それに加えて時々フランス料理がでます(^_^;)今日は茶碗蒸しや天ぷらお寿司を堪能したのですが、最後のデザートで「トマトのワイン煮」が出ました。それが美味しいの美味しくないのって絶品でした。

いや~、このところ激務&時間がタイト

だったので食生活が悲惨なものでしたが、今日は生きてて良かったな~思います。このお寿司やさんはフランス料理も非常に美味しいので山口に来るときの楽しみの一つになっています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.05.22

子供頃の憧憬

みなさん、こんばんは。
私は現在横浜に住んでいますが、生まれ故郷の新潟に1ヶ月に1度仕事で帰省しています。

昨日と今日は帰省していましたが、ちょうどお祭りの最中で故郷の祭りを久しぶりに見ることができました。露店の中に入った時に急に子供の頃(イメージ的には中学生の頃でしょうか・・)にいっきに戻ってしまいました。祭りはそれ自体の賑やかさ、露店のワンダーランドさ、などもありますがそれとは別にどきどきしたのは自分が密かに想いを抱いていた女の子とすれ違ったりする可能性も少なくないのでこれもどきどきものでした。

露店を歩いていると、思わずその子を捜している自分がいるのに気がついて、

そんなはずはないな~(少なくとも今は中学生であるはずはないですね(^_^;))

と苦笑しつつ当時の思い出や懐かしい顔が次々と脳裏に浮かびます。

みんなどうしているかな~

ついでに中学の頃通った通学路を辿ってみて・・・・

そういえばここで帰る時に自分の夢を友達と語っていたっけ・・・・
彼女の家はここだったな~(ストーカーではないですからね(^_^;))、今でもこの家の前を通り時にはなぜかドキドキしました。

などなどますますフラッシュバックしてしまいます。

しかしながら、現実は私たちは既に中学生ではなく、あの頃の仲間もほとんど故郷には住んでおらず、彼女の家もありましたが誰も住んでいないようでした。あの頃熱く語っていた自分自身の夢は今私はどのくらい実現しているのかな~、彼女は今は幸せなのかな~などととりとめのないことに想いを馳せていました。

過ぎ去った時は二度と戻ってきませんが、その宝物を今でも大切にして生きていきたいものです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.05.14

どんな人だったんでしょうね

みなさん、こんにちは。
ある日何の脈路もなく、ソース焼きそばが食べたくなったり、ケンタッキーが食べたくなったり、ミニストップのソフトクリーム(しかもヴァニラ)が食べたくなったりすることってありませんか?(^_^;)。私の場合は時と場所を選ばずに突如としてこういうことがあります。これと同じで急にさっきベートーベンが聴きたくなりました(私にとってはベートーベンもソース焼きそばも同じレベルにあるのかもしれません(^_^;))

ベートーベンは最近全然聴いていなかったので、あの有名な「運命」と「田園」を聴いています。運命はあの最初のダダダダーンで有名ですが全部通して聴いた人は有名な割にそれほどいないのではないのでしょうか。第二楽章以降もすばらしいです。

田園は眠くなりますが、これでいいのだ(^_^;)

・・・・でですね、ベートーベンといえば「学生」ではなく(^_^;)「楽聖」とよばれ、私たちが学生の時に音楽室にいくとなぜか白く髪が長いバッハとか色々な人と並んでコワイ顔をしたおじさんがベートーベンでした。

あのコワイ顔
楽聖
耳がきこえなくなっても作曲をした・・・

などというと近寄りがたい存在だと思ってしまいます。

でもベートーベンが世に認められた時はピアニストとして(モーツアルトはこの風貌がさえない若者がピアノを
引いた時にその才能に驚いたそうです)だそうで、きっとその時にはあんなコワイ顔をしていなかったと思いますね~(^_^;)

ベートーベンは新しいもの好きで、鳩時計のための曲(ヽ(。_゜)ノヘッ?)など今思うと意味不明なものもあるようです。また当時ベートーベンは何度も引っ越しをしていたそうでその理由はベートーベンが作曲をしている時に外に漏れた音をいわゆる「商売敵」がそれを盗作することをふせぐためだったそうです。

本当にベートーベンってどんな人だったんでしょうか?

少なくともあんなコワイ風貌のおじさんではなかったと思います(笑)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005.05.08

それは幻想

みなさん、こんばんは。
大人になると好むと好まざるとに拘わらず、自分でお金を稼いでそれで生活していかなければなりません。お金を稼ぐ手段としてほとんどの人は「仕事」をしているのはいうまでもありませんよね。仕事をしていると心から望むことは

「安定」

だと思います。仕事を始めたばかりの人ははやく安定したいし、安定している人はこの安定が永遠であって欲しいと思うでしょう。以前メルマガ(っていつ再開するんだ!)でも触れましたが、私はこの「安定」ということに最近非常に興味があります。

ひょっとして安定を願うというのは不老不死を願うことと同じではないのか?

と思うようになってきました。安定というのはどういうことなのでしょうか?少なくても暮らしていけるだけの最低限のお金を稼ぐことに関して何もリスクがない・・・という状況をいうのだと思います。お金を稼ぐということはそこにビジネスチャンスとリスクとが同居しているから可能ですから、チャンスだけということは通常ありませんよね。

他人から見るとビジネスが安定しているように見える人でも、それは結果として安定しているのであって毎日毎日が綱渡りの連続だったりする人ってかなり多いと思います・・・・私のように(^_^;)

これはビジネスだけではなく、私たち人間という生命体をみても同じように過ごしている毎日の中で細胞が分裂を繰り返して段々と物理的に衰えていくというマイナス面と日々の経験によって知恵を身につけているというプラスの繰り返しによって微妙に変わっていきます。これも一見安定しているように見えますが、全然安定していませんよね。

こういう状況で、自分自身が安定していることを自覚した場合はそれで終わり・・・・ということも決して少なくはありません(^_^;)

きっと安定はどんなに望んでも得ることはできないのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.05

気持ちはわかりますが・・(^_^;)

みなさん、こんにちは。
子供が生まれると親としては立派な人になって欲しい、あるいは●●さんのようになって欲しいという意味でそれにちなんだ名前を付けることが多いですが、それは外国でも例外ではないようです。たとえは

Davidさん(ダビッド、英語読みだとデビッド)、Michelさん(ミッシェルさん)という人がけっこういますが、前者は旧約聖書のダビデ王、後者は大天使ミカエルを指すようです。

まあ親としてはダビデ王のように、大天使ミカエルのようになって欲しいという希望を込めて名前をつけると思いますが、ほどほどにしておいたほうがいいかもしれませんね(^_^;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.05.03

感情を入れすぎると逆効果(^_^;)

みなさん、こんにちは。
先日私の知っている会社の社長が、うちのコンサルタントのいっていることは全然正しくない!と憤慨していました。
これをこのコンサルタント会社にクレームをつけるための英語の手紙を書いていました。

XX was not 100% true!

みたいな文章を書いていました。

これって100%正しくない(全然正しくない・・)といういう意味ですよね?

と尋ねるとそうらしい・・・・

でもね~これだと部分否定でわ?(^_^;)
ようするに、100%は正しくない(99%正しいかもしれない)という意味になりませんか?

(自分のこの意見には自信はないのですが・・・・(^_^;))

感情を入れすぎて英文を書くとこういうことになってしまうことがあります(笑)

ぢゃあ、どう書けばいいんでしょうね?ヽ(。_゜)ノヘッ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンサート

みなさん、こんにちは。来る5月7日(土曜日)に私の知り合いが参加しているオーケストラのコンサートがあります。

アムニス=クラールス室内管弦団・合唱団
第10回演奏会

2005年5月7日(土) 14時開演(13:30会場)
場所 三鷹市芸術文化センター 風のホール(入場無料・全席自由)
曲目
 W・Aモーツアルト: ピアノ協奏曲20番 二短調(ピアノ;大村千秋)
              ミサ・ロンガ ハ長調
 FJハイドン    : 交響曲86番 二長調

    指揮:三重野清顕

アクセス方法は以下を参照してください。

http://www.mitaka.jpn.org/geibun/parking.shtml

室内管弦楽団・合唱団のHPは以下の通りです。

http://animus-clarus.hp.infoseek.co.jp/


PS
 私は演奏はしませんが当日は急用がない限り観客になろうと思っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »