« お化粧 | トップページ | タイムマネジメント »

2005.04.14

麻雀

みなさん、こんにちは。
以前にイギリスから来たばかりの人の歓迎会で麻雀をやりました。もちろん彼は日本語なんて読めるはずがなく麻雀の牌も何が書いてあるのかわかりません。こういう人のプレイスタイルは同じ色を集めること(専門用語で清一色ですね(^_^;))に傾倒しますね。

私は彼の後ろで怪しげな英語で解説していました。もし彼が違う山から牌を持ってこようとすると

No,no,incorrect position!!!

本当にこういうのかどうか分かりませんが、こういう時にはアホな英語がぽんぽんと出てくるものです(笑)ゲームを始めて少しすると彼は大三元をテンパりました。もちろん彼はそれが大三元でどういう意味なのかわかりません。大三元はきっと英語でいってもDAISANGENではないかと思います。その時に私が彼に話した英語は

This is very good combination like a royal streight flash!!!!!

(これも正しいのかどうかわかりませんが(^_^;))

といってみました。そうしたら通じたようで急に顔が真剣になりましたが残念ながら他の人が「食い単」で上がってしまいました。(^_^;)

こういう時ってどうして英語がすらすら出てきて肝心な時にはだめなんでしょうね(笑)

PS
 今回は専門用語が多いです

|

« お化粧 | トップページ | タイムマネジメント »

コメント

あかん隊さん、こんにちは。
麻雀はルールが複雑でしかも自分の相手が3人いますからまさに人生の縮図がその中で繰り広げられます。勝っているからといって負けている人をバカにしていると専門用語で「死に馬に蹴られる(笑)」ことが多くあっというまにさっきまでバカにしていた人と逆転されてしまいます。

また負けている状態でいじけているとますます窮地に追い込まれてしまうということもあります。

麻雀を覚えたばかりの時は、寝ても覚めても麻雀のこと以外は考えていません(笑)。雀荘の横を通る時に麻雀牌の音がするだけでうずうずしてきます。

麻雀で至高の役満(ロイヤルストレートフラッシュですね(^_^;))の一つ九連宝燈(きゅうれんぽうとう)というものがあります。これを完成するのはおそらく宝くじにあたる確率よりも低く、もしこれを完成したら自分の一生の運を使い果たして翌日には死んでしまうといわれるくらいのものですが、ある人の後ろでみていたらその人が九連宝燈(実は色々な九連宝燈があるのですが本来の九連宝燈でした)を完成する過程を全て目にしました。
その人は翌日には命を落としませんでしたが、やはりこの日に一生分の運を使ったようです(^_^;)

学生時代には麻雀で生計を立てたいと本気に思っていましたが適性がないので今の職業に流れ着きました(^_^;)

投稿: クロワッサン | 2005.04.15 08:41

ウケました! 笑っています>自分。
楽しそうですねぇ。彼の方は、やみつきになったりしませんでしたか?
車も、免許取り立てだと、運転したくてうずうずするものらしいですし、麻雀も覚えたては、やりたがるものですよね?
クロさんに敵う人は、そうめったにいるもんぢゃないと思いますけど。。。

投稿: あかん隊 | 2005.04.15 01:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15985/3699786

この記事へのトラックバック一覧です: 麻雀:

« お化粧 | トップページ | タイムマネジメント »