« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005.01.30

簿記検定

みなさん、こんにちは。

最近私の身近で簿記の検定試験に合格するためにがんばっている人が何人かいます。
実は私は今の仕事をする前に簿記学校で簿記講師をしていた経験があります。

簿記検定は3級よりも2級、2級よりも1級と難易度があがり、簿記の1級をとると税理士試験受験のための資格をえることができます。受験する立場の難易度はこの通りなのですが教える立場からすると難易度はこの逆になります。

一番難しいのは3級受験の生徒を教えることでした。簿記の考え方が難しいものではないのですが独特のものがあり、この独特のものに馴染もうとするときに困惑することが多いですね。この辺りのことに馴染んでしまえば、内容そのものは別にむずかしい数学の問題を解くわけではないのでそれほど難しいことはありません。

2級は株式会社の経理とか、工業簿記とか、実務ではほとんど使わない特殊仕訳帳(笑)、あるいは実務ではほとんど出てこない特殊商品売買(未着品はけっこう出てくる場合がありますが)で敵(って誰だ?(^_^;))は受験者を惑わします。工場簿記は工場会計そのものに受験者がなじみがないので違和感を感じますが、これも内容そのものは簡単なので見た目に惑わされないようにしましょう。特殊仕訳帳や特殊商品売買はゲームだと思ってください(笑)

簿記独特の考え方は3級でマスターしていますから、とにかく見かけに惑わされないことが大事です。


1級は商業簿記と工業簿記、会計学と原価計算とみるからに見かけは2級以上に困難なようで実際の合格率10%くらいのようです。しかしながら簿記独特な考え方とその周辺の知識は2級でマスターしていますから実は自分持っている武器の使い方さえ忘れなければ大丈夫です。ときどき我を忘れそうになったら「はじめの一歩」を読みませう。これを読むと練習したことしか実践では出てこないという受験生の基本を思い出します(^_^;)

また連結会計も範囲に含まれますから範囲はかなり広い(逆に連結がでると商業簿記はこれで終わりって感じになります)ですが、連結は実際の職場でこれができるのとできないのとは評価はかなり違うので是非マスターしておいたほうがいいです。仮にこれができない人がたまたま試験に出なくて1級に合格しても実務では

え~連結できないの?

の一言で片づけられてしまうシーンに遭遇する確率はそう低くはありません(^_^;)

連結は常識・・・・くらいの認識で臨みましょう。

ひとつひとつの内容は誰が考えてもわからないというほどのものは
ありません。2級以上に見た目に惑わされないようにしましょう。

1級受験者はこれがゴールと思っているとなかなか合格しません。
1級なんて単なる通過点さ・・・・・

くらいに思って勉強しましょう。

1級受験者は単に試験に合格するだけではなく自分の合格後の姿をイメージしながら勉強しましょう。
税理士を受験してもいいし、会計士を受験してもいいし、英文会計に挑戦してもいいし、連結の実務にどっぷり漬かるのもいいし・・・

そうすると1級受験後もまだまだ修得するものは多いので、こんなところで足踏みできないと思うでしょう。

また勉強は3級から順番に行う必要がありますが受験そのものは別に3級から受験しなてくも問題はありません。勉強の進み方によっては3級を受けずにいきなり2級を、2級を受けずにいきなり1級を受けても良いでしょう。

私は2級は持っていません(^_^;)

以上元簿記講師からの頼りにならないアドバイスでした(^_^;)

| | コメント (16) | トラックバック (0)

これは欲しいですね

みなさん、こんにちは。先日新しいMacintoshが発売されました。

http://www.apple.com/jp/macmini/

スペック的にはどうってことないマシンですが、こんなに小さいMacははじめてですね。
以前Cubeタイプのマシンがありましたが、あの時買えなかった人は殺到するのではないでしょうか。

iPodといいなかなか面白いものを出しますね・・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.01.20

脱出できたかも・・・(^_^;)

みなさん、こんにちは。
しばらくなりを潜めていましたが、年が明けてから悲惨な生活をしていました。

たとえていえば・・・・・・

1億円借金があって、借金取りから逃げ回っているうちに見つかってしまい借金を返済する
ために強制的にある職場に押し込められ、朝から夜遅くまではたらいて宿舎に戻るのは寝る
ためだけ・・・・・

しかも、食事は不定期でほとんど昼飯抜き・・・・・(^_^;)

という状態がこの前の日曜日まで続いていました。

その間我が国で何が起こってどうなっているのか全然わかりませんでした。

総理大臣が替わったのか?
アメリカの大統領は誰か?

すぐにはわかりません(^_^;)

でも三菱自動車の再建策はとほほかも・・・・・

唯一私の記憶に残っているのは石田純一さんと長谷川理恵さんが破局したことくらいでしょうか・・・・(^_^;)
杉田かおるさんが結婚したのは知りませんでした。

一刻もはやく社会復帰したいと思います。(^_^;)

今年もよろしくお願いします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.01.01

ざざざざつがくっすか・・・・(^_^;)

みなさん、あけましておめでとうございます。
ここ数年は年明けは何かにハマっていて、気がついたら年が明けていたという
ことが多く、1999年から2000年にかけてもふと時計をみたら2000年になっていた
という状態でした。

ところで私は数年前に単行本を書いたことがあるのですが、私の場合は本のタイトルが
はじめから決まっていたわけではなくを稿を執筆している後半の段階ではじめて知りま
した。執筆している時は

もっとやさしく書いたほうがいいかな~
でもやさしすぎても意味がないな~
間違っているといけないので、法規とチェックしなくては・・・

まじめに書いていました。

そうしているうちに本のタイトルが決まったということが編集者から知らされました。

「図解雑学」シリーズでタイトルに図解雑学がつくのですね・・・・

思わず・・・・

え~ざざざ雑学っすか・・・・・(^_^;)
初心者向けとはいえけっこう専門的な内容なんですが、雑学というとちょっと・・・

全く想像だにしていないタイトルでした。(笑)

けっこう気合い入れて書いていたのでひざの力が抜けました(笑)

次回作は岩波からオファーがくるまで待つことにします(^_^;)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »