« 2004年8月 | トップページ | 2004年11月 »

2004.10.19

勘違い(^_^;)

みなさん、こんばんは。

私はフリーランスになる前は外資系の会社に勤務していました。
以前の勤務先では、基本的に男性も女性も同じ仕事をやるということ
だったので、出張なんかも女性の部下と一緒に行ったことが何度かありました。

会津若松なんかはよくこの女性の部下と出張に行ったのですが、仕事場に行こうと
タクシーに乗り込む時に運転手さんがなにを思ったのか・・・

いや~、新婚旅行ですか・・・ここはいいところだよ~

と運転手さんがささやきます・・・しかも複数(^_^;)

彼女と顔を見合わせ、

けっこう厳しい仕事なんだけど、どうして新婚旅行に見えるかな~

と笑っていましたが、まあ楽しく仕事をやるということかもしれません。

みなさん、出張に行った時には新婚旅行と間違えられたら、一人前ですよ

・・・ってどこをどう読んだらそういう結論になるでしょうね(^_^;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.10.17

スケジュール

みなさん、こんばんは。
みなさんは自分のスケジュールを決めるときにはどんな感じで決めていきますか?

私は大体前の月にはほとんどのスケジュールが決まってしまいますが、なかには
長期的なものもあるので今から来年のスケジュールの日程を調整する必要がある
ものもあります。

今日あたりに来年の2月の2週目なんですが・・・・(^_^;)

みたいな感じですね。

これをやると、ただでさえ時間が経つのが早いのですが一層早く感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.08

貴重な経験

みなさん、こんばんは。

みなさんはプロと同じステージで、プロの直後に演奏や歌を歌ったことがありますか?
普通はこんな経験はありませんよね?

私は下手の横好きなのですが、リコーダーとフルートをたしなみます。
リコーダーはかつてかなりの練習量をこなしていたことがあり、自分自身では内心はかなり自信を持っていました。
ある日私の友人が結婚するというので披露宴に演奏を依頼されました。

ああ、いいよ(すごい自信ですね(笑))

二つ返事で引き受けました。

リコーダーでモーツアルトとフルートソナタを演奏するつもりでした。

・・・・で当日がやってきました。

披露宴の会場にいくと宴の音楽が生のオーケストラの演奏なのですね。

この時にすこしいやな予感が脳裏をかすめました。

宴はすすんで、余興になりました。

ますは新婦の友人が何人か余興をやりました。この新婦は音大の出身で友人というのは現役のプロで
この日のためにヨーロッパの演奏旅行からかけつけた人もいました。彼らがすばらしい演奏を披露した後で
次は新郎の友人の番です。

いうまでもなく私ですね(^_^;)

いくらリコーダーに自信があるといっても、それはアマチュアのレベルの話で小さい頃からバイオリンなどの練習を
かなりの時間を費やしている彼らとは全然比べものになるはずもありません。

まあ、それでも友人のためにモーツアルトのフルートソナタを演奏しました。
観客は果敢な挑戦者に対して寛大でありました(^_^;)

これがプロが何人も演奏した後でしかも同じステージで行った私の演奏でした。

こんな貴重な経験した人はいないでしょう?(^_^;)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年11月 »