2018.08.05

勝ちのイメージ

みなさん、こんにちは
先週末のアメリカの雇用統計は良い方向に受け止められNYは上昇しました。よくニュースに登場するダウ工業株(あまり意味はないと思っていますが)が136ドル高の25,462ドル、あまり報道されない重要なダウ輸送株指数は42ドル高の11,097ドルで6月の高値11,089ドルをわずかですが抜いてきました。マネーのリスクにもっとも敏感な(臆病な)ジャンクボンドETFは85.95ポイントでアメリカ人が強気弱気の分岐点である50日平均をクリアーしています。
多分月曜日は上昇から始まると思います。
来週は一ヶ月で株が最も下がりやすい(必ず下がるというわけではありませんが)SQなので油断はできませんが少なくとも現時点ではマネーはリスクに怯えているということはないようです。
仮にマネーの流れは問題ないとするとどんな銘柄を買っても騰がるのでしょうか?
それは否です。
株式投資で勝つ場合どんなイメージを持っていますか?
底値で買いそれが2倍とか3倍とか上昇するイメージですか?
これは理想ですが宝くじに当たることを期待するようなもので難しいと思っています。
株が騰がる場合は騰がるにつれて過去に持っている人たちが手仕舞いを仕掛けてくるのである程度騰がるとその後失速するのが普通です。このある程度というのは10%も騰がれば上出来だと個人的には思っています。
私が抱く勝ちのイメージは(あまり勝ったことないですが(^_^;))底値で買うのではなく強いものを探す(ルールが必要です)私のルールは現在の株価が25日平均、75日平均、200日平均を上回っていること、25日平均、75日平均、200日平均が全部右上がりになっていること
が投資の条件です。もっと細かいことをいうと信用倍率なども考慮したほうがいいかもしれませんが信用倍率が高いものは避けるというだけでもいいかもしれません。
これを買ったとします。思った通りの結果だったら10%以内で上昇してその後失速すると思います。失速するまでホールドして失速を確認して手仕舞いし、その後同じものが失速から回復してきたら再度上記のルールに従って買います。これを繰り返します。絶対にいつも勝てるという方法ではないですが多分5勝5敗でトータルプラスというイメージです。買ったとたんに下がったら5日平均とか25日平均を割り込んだら手仕舞いというルールになるかもしれません。利益がでるまで死んでもホールドというのは場合によっては本当に死んでしまう可能性があるので損失が出ていてもこれらの平均値をベースにして判断したほうが妥当だと思います。(もちろん売った後に騰がるということはあるのでこれはやむを得ないです)
手仕舞いのルールは色々なものがあります。たとえば5日平均を下回ったら利益が出ていても損失が出ていても手仕舞いというものがありますがこれは最近の相場のあまり上下しないような時は効率が良くないようです。
具体的な手仕舞いルールは色々なものがあるのであえてここでは書きませんが勝ちのイメージを持つというのが大切だと思っています。
理想は買った時にこうなったら手仕舞いということまで決められるといいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.07.20

お金足りていますか?

みなさん、こんにちは
タイトルは余計なお世話だ!って感じですが・・・
テレビをみると人生100年時代という言葉を耳にすることが多くなりました。
定年が65歳だとすると人生100年時代なのであと35年色々なことができますがそれでお金が足りていますかという感じで私たちの不安をあおります。
そこで老後をストレスなく過ごすには3000万円の貯金が必要です。(この金額にどの程度の根拠があるかわかりませんが)
そこで不安な人は私(こういうコンサルティングをビジネスにしている人で私ではありません(^_^;))に相談してください。良い方法を提案します
ということになります。
ビジネスを発生させる手法はいろいろありますが不安を煽るという手法はあります。
たとえば今年の2月に東京市場は急に下がりました。株式投資をやっていた人でこの時の恐怖を覚えている人は多いと思います。
そこで我が投資顧問の会員になれば下げても利益がとれます。
みたいな感じの登場の仕方ですね。
お金だけではなく人生には不安は必ずありますがお金に関しては基本を押さえておいたほうがいいと思います。
今は低金利なので銀行にお金を預けただけではわずかな金利しかもらえないのでこれでは資産形成にはなりません。(防衛にはなると思います)
では日本の国債はどうでしょうか?
10年債で0.5%の金利なので預金に比べたら高いですが資金が10年間拘束されるか換金しても市場価格で換金することになり損失が発生することになります。
これらがダメであればリスクをとって投資をするしかありません。
投資には
アメリカ国債
利率が高い外国の国債
FX
マンション経営
などがありますが必勝法はありません。
この中で個人的には比較的安全だと思われるのはアメリカ国債ですがこれは3%弱の金利を得ることができますがドル建てなので為替リスクがあります。償還されるときに円高になっていれば利息が吹っ飛ぶくらいの為替差損が出る可能性があります。10年後の為替レートなんて誰もわかりません。
また投資によっては預金や国債に為替リスクを組み合わせ一見利率が良く見える商品もあります。
簡単にいうとリターンが高くみえるものでリスクがないものはありません。(もしあれば金融機関はもっといい決算数値を出しているはずです)
要するに人生100年時代を迎えて足りないお金を補填しようとするとリスクがある投資しかありません。
どうアドバイスするんでしょうね。
あまり不安をもつことなく冷静に対処するのが大切でしょう。
(100年も生きられる人ってそれほど多いとは思いませんけど・・・(^_^;))

| | コメント (4)

2018.07.15

流動性って大事ですね~

みなさん、こんにちは。
多いか少ないかは別にしてみなさんは何らかの資産を持っていると思います。(もっていないで負債だけだとやばいっすよ(^_^;))
色々な金融関係者の立場で色々な意見があります。
キャッシュはこれからインフレになると段々と目減りするので投資して一定以上のリターンを得るべきだ
これからはシェアーハウスの時代なので少額から投資できる不動産投資はリターンがいいです。
みたいな話です。
どれほど資産をもっていてもそれは最終的にはキャッシュにならなければなりません。
たとえば不動産ですが不動産というくらいですからなかなか動きませんし簡単に不動産→キャッシュにはなりません。
身近な例だと買い換えなどが考えられます。
現在我が家の隣人の部屋が売りにでていて隣人はすでに引っ越しました。しかしながら
2カ月以上新たな入居者が入ってこずにまだ売却できていないようです。
そこで販売価格を下げましたがそれでも買い手がつかず現在リフォームをやっています。
おそらくリフォームして現在の値下げ後の価格で売却したいという意向があると思います。
思ったような価格で資金化できずにしかもリフォーム費用分入金額が目減りしてしまいます。
不動産の場合は高価なので簡単に買い手がみつからず買い換えのように自分が資金的に逼迫してきたときに足下を見られて値下げさせられることがあります。
いくら資産を多くもっていてもそれが不動産のようになかなかキャッシュ化するのが難しいと思ったようにキャッシュ化することができないリスクがありかつキャッシュが欲しい時に得ることができない場合があります。
では運用的にはどうでしょうか?
確かに預金でもっていると笑っちゃうくらいに低金利なので話になりませんがかといって信用度の低い(利率が高い)国債だとデフォルトされるとヤバいです。
今だとアメリカの10年国債が利回りが3%弱なので悪くないと思いますがそれでも為替リスクがあります。運用利回りを得ようとするとそれに伴い資金が減るリスクがあります。
インフレになるとキャッシュの価値が目減りするリスクがあるのは正しいと思いますがまだ我が国ではインフレではないのでそれはインフレになってから考えましょう(笑)
株も運がいいと短期間に多額の利益を得ることができますがこれも資金が減るリスクがあります。
余裕がある人は全資産の30%くらいまではリスクのある投資をしてもいいと思いますがそれでも安全が一番だと思います。キャッシュかキャッシュに近い形で持っているのが一番安全だと思います。この場合は運用利回りという言葉に惑わされないことですね~

| | コメント (0)

2018.06.23

手仕舞いルールの変更

みなさん、こんにちは
投資をする場合は参加と手仕舞いが必ずあります。(以下買いから入ることを前提にします)
有望な銘柄を見つけて投資をしますがこれを買う時はそれほど重要ではありません。
たまに暴騰するものもありますが私たちがこういう銘柄を探り当てるというのはほぼ不可能で運以外ありません。まあこういうのはないと思った方が間違いないかもしれません。
大事なのは手仕舞いです。手仕舞いはその投資行動の損益を確定する行為になり勝負から降りるという行為になります。手仕舞いを阻む感情としては
今は損が出ているので損したくない
利益が出ているけどもっと将来利益が出るかもしれない
という欲です。
これは人間である限り必ず誰もが持つ欲だと思いますし持っていて当然です。
マーケットは私たちがいくら利益があるか損失があるかなんて知ったことではありませんから手仕舞いは利益の額や損失の額で決めるべきではないと思っています。
私は今までは日足をつかっていて5日線を割り込むか割り込まないかを目安にしていました。ところがこの1~2カ月のような神経質な騰がったり下がったりするような相場環境だと高いところで買って5日線割ったら手仕舞いし、その後また騰がるというパターンに遭遇してしっくりいきません。日足の5日線をベースにすると
メリット
壊滅的な損失を被ることがない
一応強い、弱いの判断ができる
デメリット
ダマシに合うことが多い
ダマシとは上昇のシグナルが出てこれは有望だと思って投資すると実は即弱くなったということです。
まだ完璧ではなりませんが日足を基準にしていたのを週足を使って判断しようと思っています。
メリットは
ダマシに合うことが少なくなる
大きな上昇トレンドを取ることができる
デメリットは
負けた場合は最初の手仕舞いルールよりも大きな損失を被ることになる
です。
ただしこのルールを適用する場合の銘柄は限定されます。毎日急騰急落を繰り返す銘柄はダメで基本的に右肩上がりの銘柄を選んで適用することになります。
どうなるかわかりませんがうまくいくといいと思っています。

| | コメント (0)

2018.06.10

ホールドする理由

みなさん、こんにちは
将来の利益を期待して株を買い、それが騰がって利益を得ることができればハッピーですが残念ながらそれが下がって買値を下回った場合はあまり気持ちがいいものではありません。今では定期預金に預けても金利が年1%にはるかに満たないしょぼいものが株式投資だと1日で投資額の1%以上の利益が実現することはそう珍しいことではないので魅力を感じる人がいても当然だと思います。
ただし値下がりのリスクはあります。
そこで不幸にも値下がりした場合に損切りしないでホールドすることがあります。多少理屈っぽい言い方になりますがホールドしている場合に自分なりの理由があるかないかで全然結果が違ってきます。
株式投資では最も避けることは、買った銘柄がいつの間にか買値の半分以下になって身動きがとれない(塩漬けとか化石化とかいいます)ということです。ただしお金と時間に制限がない人の場合は下がったら死んでも売らないというのもありかもしれません。
ホールドする理由が損したくないから・・・だけだとあまりよろしくないです。
理由はいくつか思いつきます。
日足ベースだと
5日平均を割っていないから
25日平均を割っていないから
週足ベースだと
今の週足がまだ26週平均を上回っているから
くらいでしょうか・・・
いくつか例を挙げましたがどれが正しくてどれが間違っているということはありません。
それは未来のことをわかる人間はいないからです。
たとえ投資した銘柄が値下がりしていてもホールドする合理的な理由をもってホールドしたいものですね~

| | コメント (0)

2018.05.24

意味不明

みなさん、こんにちは
東京市場は日経平均で昨日は270円安、今日は253円安で主力のソフトバンク、ファナック、ファーストリテーリングの下げがきついものがありました。昨日はNYも下げましたが日本ほどではなく先進国の中では日本株だけ独歩安という感じです。理由は私などにわかるわけはありませんが昨日今日は円高であったくらいしか思いつきません。またこういう指数はだめでも個別銘柄で戦える場面もあると思いますが中小型株の一部が最初は堅調だったけどある時間帯から急に下げ始めたという交通事故もけっこうありました。NYグローベックス先物は28ドル安でうれしい状況ではないですがそれほどひどくはないのが救いです。
良い材料としては
日本の機関投資家が今月から貝出動してくるはずである
アメリカには税の還付金が死ぬほどうなっている
のですがこれがそのまま反映されていないようです。
米朝会談が危ぶまれるというマイナスの材料がありますがそれは日本だけではないのでこれがメインの原因ではないと思っていますが何で下げたのかという犯人捜しよりも現在の不穏の対応したポジション管理(フルインベストメントにしない)が大切だと思っています。

| | コメント (0)

2018.05.16

一時間の価値

みなさん、こんにちは
ビジネス的な話ですが人によって一時間の価値は同じではありません。それは収入とかその人が抱えているミッションとかが同じでないからです。
最近は比較的時間に余裕を持つようにしたのでこういうことは軽く考えるようになりましたが中にはこういうことがわからない人種がいてこういうのに出会うと閉口します。
以前実際にあった話ですが毎週月曜日の朝礼に出て欲しいというリクエストがありましたがそれはそこのヘッドではなく一スタッフでした。
???
と思いやんわりとという理由で出席できないのでご理解願いますといったのですがご理解できませんという返事がきました。
この時はこのスタッフとこれ以上やり合うつもりはありませんでした。というのはこのスタッフはこれで時間を使ってもその程度のことしかやっていませんでしたが私はもっと色々なことがありデッドラインが近づいているのがあったのでこんなことに時間を使っていられない状況でした。
何度がくらいついてくるので
もう止めましょう。これ以上不毛な議論はしたくないしあなたは権限のないスタッフだからいくらやりとりしても時間の無駄になります。
ということで終わりにしました。
平等な発想が広まっている日本でこんなことをいいたくないのですがこのスタッフの一時間の価値と私の一時間の価値は同じではないのですね。議論するときにはこれを理解しないと話になりません。
こういうことって誰も教えないし、自分で自分のことを頭いいと思っている人はわからないでしょうね。
私たちの一般的な発想は同じ場所で働いていると同じと思いがちですが決してそうではなく同じ場所で働いていてもそれぞれが持つ将来性ももちろん同じではありませんよね~

| | コメント (0)

2018.05.04

二つの能力

みなさん、こんにちは。
人間の能力は大きく二つというか二種類あるような気がします。

まず個々の能力です。これが高いといわゆる「頭がいい」とか「うらやましい」とかいわれるもので他人からは一番認識しやすいです。

語学の能力
専門的能力
コミュニケーション能力
お金を稼ぐ能力

などなど個々の分野の能力です。

他者よりも自分のほうが語学力が優れていて、専門的能力も秀でていて、コミュニケーション能力もすごくお金も稼げるというのは素晴らしいと思いますがそれだけではまだ足りません。もう一つの能力が必要になります。

これはあってもなくても他者にも自分にもわかりにくいものです。

もう一つの能力とは自分が持っている能力を理解していて能力全体をコントロールする能力です。たとえば他者よりも自分の方が専門的な能力が高いとそれはプラスですがそうかといってそれを出す場所を間違えると思い上がりとか嫌な奴だと思われてしまいます。

これをコントロールするのがもう一つの能力でありこれが秀でても他者からはそれがわかりにくいです。

理想的にはこの二つの能力が高いことですが最初の能力のほうがわかりやすいのでどうしても最初の能力を高めることに重きを置き次の能力自体を自覚しない場合が少なくありません。

たとえば個々の能力が私よりも遙かに高いと思われる人が不遇だったりあっちこっちでトラブルを起こすのは二番目の能力が足りないと思われますが二番目の能力はあってもなくても他者はもちろんですが本人も気づかないことが多いようです。

え・・・私はどうかって・・・・・

まあ両方足りない人もけっこういますからね~(笑)

| | コメント (0)

2018.05.03

手仕舞いは大事

みなさん、こんにちは
東京市場は昨日、一昨日と開場でしたが今日から休場で次は来週の月曜日からになります。一般的には月初の第二週目は週末の金曜日はSQといって信用売買が強制的に精算されることになり一番下がりやすいタイミングになりこのタイミングで東京市場は始まります。このところはNYはヘロヘロで東京は円高が一服した影響なのか意外としっかりしたというイメージがあります。

株式投資をする場合はよほどのベテランでないかぎり買いから入ります。買って売って終わになります。いくらで買うのかというのは大切ですがそれ以上に手仕舞いというか勝負から降りるということも大事になります、最近あるベテランのプロの方が惚れ込んだ銘柄があり自分でも確信を持って投資しましたがその銘柄が弱くなりそこで降りずに引っ張ってしまい大きな損失を食らいました。私はこういうプロでもこんな素人みたいなことがあるんだと安心する一方で手仕舞いは大事だと思います。

手仕舞いは勝負から降りるのでそこで利益が出ていたら利益を確定させるし損失が発生していたら損失を確定させることになります。

手仕舞いをためらうときは、今は損失だけど自分が売ってから騰がるのではないかということになります。まだ利益が出ていてもっと利益が欲しいということで手仕舞いしない場合はその利益が吹っ飛ぶくらいで壊滅的な損失を被ることはないと思いますが(それでも意地になって損失を拡大させるということはあり得ると思いますが)自分が投資した銘柄でロスが発生して場合は手仕舞いしづらいものです。

じゃあ、いつ手仕舞いしたらいいのか?

ですがこれははっきりいって誰にもわかりません。それは当然のことですが人間には未来のことはわからないからです。そこで手仕舞いをルール化する必要があります。利益が出ていてもロスになっても自分が決めたルールが実現したら手仕舞いをするということです。

これは銘柄を買った時にこうなったら手仕舞いしようと決めてその通りにためらわずに実行することが大切です。

私の場合はいくつかルールがありますが一番の基本は5日線割り込んだら手仕舞い候補になるということです。もちろん将来のことはわからないので5日線割り込んで手仕舞いしたらその翌日暴騰したということはありえますがこれは

しょうがない(笑)

です。

考え方は色々ありますが

騰がるものは強い
下がるものは弱い

弱くなったら手仕舞い

です。その弱い最初のシグナルが5日線割れでその次が25日平均線割れです。

手仕舞いの最大の目的は

壊滅的なダメージを避ける
キャッシュを死蔵させない

ということになると思います。
手仕舞いのルールを自分なりにきちんと決めて実行するのが吉ですね。

たとえば株価が何倍にもなった銘柄があったとすると一本調子で騰がり続けたというわけではなく騰がっては下げさらに騰がりまた下げというジグザグを繰り返して数倍になることが多くこういうケースでも下げはおつきあいしないという感じになるでしょうね。

| | コメント (0)

2018.04.13

爽やかな季節になると・・・・

みなさん、こんにちは
段々と爽やかというか新緑のシーズンになってきました。おそらく寒くもなく熱くもなく風は爽やかで
この季節が好きな人は多いのではないでしょうか。

私は季節自体は爽やかだと思いますが自分の中で好ましからざることが起こったのがこのタイミング(特にGW前後)が多いのでこの爽やかさを感じるとともにその時の出来事を思い出してしまいますのであまりこの季節は好きではありません。

そんなこと個々にアップしてもそれほど興味があることではないと思いますが、最近では6年前に入院したことを思い出します。心臓の冠動脈が全部詰まってしまい心臓のバイパス手術を受け退院したのですがその2週間後の感染症にかかってしまい再び病院送りになりました。その時に最初の症状が炸裂したのかこの爽やかな時期でした。

私はそれほど詳しくはなかったのですが二度目の入院はかなりやばかったようで、ICUに3週間いました。その間ずっと点滴で(飲まず食わずでしたが空腹感も喉の渇きも全くないんですね)過ごしていました。テレビもなく新聞もよまないと今日が何日かわからなくなるものです。

ICUから一般病棟に移動するときに師長さんが私のところにきて

あなたが諦めなかったからここまで改善したんですよ・・・

と声をかけてくれました。

私は呑気にすごしていましたが病院側では私がICUで死ぬ可能性も考えていたのだと思います。

退院して6年経ちますがそれなりに気をつけて過ごせば不自由なく過ごすことができるし、この時期の心地良い風を感じることができます。

生きていると色々なことがありますが、色々な管に繋がれて不自由な生活をするよりも管がなく自由に動けることは何をおいても素晴らしいと思いますしこれができれば後はどうでもいいやとも思います。

今年はこの爽やかな季節は何事もなく通り過ぎますように・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«銘柄は当たらない