2018.05.24

意味不明

みなさん、こんにちは
東京市場は日経平均で昨日は270円安、今日は253円安で主力のソフトバンク、ファナック、ファーストリテーリングの下げがきついものがありました。昨日はNYも下げましたが日本ほどではなく先進国の中では日本株だけ独歩安という感じです。理由は私などにわかるわけはありませんが昨日今日は円高であったくらいしか思いつきません。またこういう指数はだめでも個別銘柄で戦える場面もあると思いますが中小型株の一部が最初は堅調だったけどある時間帯から急に下げ始めたという交通事故もけっこうありました。NYグローベックス先物は28ドル安でうれしい状況ではないですがそれほどひどくはないのが救いです。
良い材料としては
日本の機関投資家が今月から貝出動してくるはずである
アメリカには税の還付金が死ぬほどうなっている
のですがこれがそのまま反映されていないようです。
米朝会談が危ぶまれるというマイナスの材料がありますがそれは日本だけではないのでこれがメインの原因ではないと思っていますが何で下げたのかという犯人捜しよりも現在の不穏の対応したポジション管理(フルインベストメントにしない)が大切だと思っています。

| | コメント (0)

2018.05.16

一時間の価値

みなさん、こんにちは
ビジネス的な話ですが人によって一時間の価値は同じではありません。それは収入とかその人が抱えているミッションとかが同じでないからです。
最近は比較的時間に余裕を持つようにしたのでこういうことは軽く考えるようになりましたが中にはこういうことがわからない人種がいてこういうのに出会うと閉口します。
以前実際にあった話ですが毎週月曜日の朝礼に出て欲しいというリクエストがありましたがそれはそこのヘッドではなく一スタッフでした。
???
と思いやんわりとという理由で出席できないのでご理解願いますといったのですがご理解できませんという返事がきました。
この時はこのスタッフとこれ以上やり合うつもりはありませんでした。というのはこのスタッフはこれで時間を使ってもその程度のことしかやっていませんでしたが私はもっと色々なことがありデッドラインが近づいているのがあったのでこんなことに時間を使っていられない状況でした。
何度がくらいついてくるので
もう止めましょう。これ以上不毛な議論はしたくないしあなたは権限のないスタッフだからいくらやりとりしても時間の無駄になります。
ということで終わりにしました。
平等な発想が広まっている日本でこんなことをいいたくないのですがこのスタッフの一時間の価値と私の一時間の価値は同じではないのですね。議論するときにはこれを理解しないと話になりません。
こういうことって誰も教えないし、自分で自分のことを頭いいと思っている人はわからないでしょうね。
私たちの一般的な発想は同じ場所で働いていると同じと思いがちですが決してそうではなく同じ場所で働いていてもそれぞれが持つ将来性ももちろん同じではありませんよね~

| | コメント (0)

2018.05.04

二つの能力

みなさん、こんにちは。
人間の能力は大きく二つというか二種類あるような気がします。

まず個々の能力です。これが高いといわゆる「頭がいい」とか「うらやましい」とかいわれるもので他人からは一番認識しやすいです。

語学の能力
専門的能力
コミュニケーション能力
お金を稼ぐ能力

などなど個々の分野の能力です。

他者よりも自分のほうが語学力が優れていて、専門的能力も秀でていて、コミュニケーション能力もすごくお金も稼げるというのは素晴らしいと思いますがそれだけではまだ足りません。もう一つの能力が必要になります。

これはあってもなくても他者にも自分にもわかりにくいものです。

もう一つの能力とは自分が持っている能力を理解していて能力全体をコントロールする能力です。たとえば他者よりも自分の方が専門的な能力が高いとそれはプラスですがそうかといってそれを出す場所を間違えると思い上がりとか嫌な奴だと思われてしまいます。

これをコントロールするのがもう一つの能力でありこれが秀でても他者からはそれがわかりにくいです。

理想的にはこの二つの能力が高いことですが最初の能力のほうがわかりやすいのでどうしても最初の能力を高めることに重きを置き次の能力自体を自覚しない場合が少なくありません。

たとえば個々の能力が私よりも遙かに高いと思われる人が不遇だったりあっちこっちでトラブルを起こすのは二番目の能力が足りないと思われますが二番目の能力はあってもなくても他者はもちろんですが本人も気づかないことが多いようです。

え・・・私はどうかって・・・・・

まあ両方足りない人もけっこういますからね~(笑)

| | コメント (0)

2018.05.03

手仕舞いは大事

みなさん、こんにちは
東京市場は昨日、一昨日と開場でしたが今日から休場で次は来週の月曜日からになります。一般的には月初の第二週目は週末の金曜日はSQといって信用売買が強制的に精算されることになり一番下がりやすいタイミングになりこのタイミングで東京市場は始まります。このところはNYはヘロヘロで東京は円高が一服した影響なのか意外としっかりしたというイメージがあります。

株式投資をする場合はよほどのベテランでないかぎり買いから入ります。買って売って終わになります。いくらで買うのかというのは大切ですがそれ以上に手仕舞いというか勝負から降りるということも大事になります、最近あるベテランのプロの方が惚れ込んだ銘柄があり自分でも確信を持って投資しましたがその銘柄が弱くなりそこで降りずに引っ張ってしまい大きな損失を食らいました。私はこういうプロでもこんな素人みたいなことがあるんだと安心する一方で手仕舞いは大事だと思います。

手仕舞いは勝負から降りるのでそこで利益が出ていたら利益を確定させるし損失が発生していたら損失を確定させることになります。

手仕舞いをためらうときは、今は損失だけど自分が売ってから騰がるのではないかということになります。まだ利益が出ていてもっと利益が欲しいということで手仕舞いしない場合はその利益が吹っ飛ぶくらいで壊滅的な損失を被ることはないと思いますが(それでも意地になって損失を拡大させるということはあり得ると思いますが)自分が投資した銘柄でロスが発生して場合は手仕舞いしづらいものです。

じゃあ、いつ手仕舞いしたらいいのか?

ですがこれははっきりいって誰にもわかりません。それは当然のことですが人間には未来のことはわからないからです。そこで手仕舞いをルール化する必要があります。利益が出ていてもロスになっても自分が決めたルールが実現したら手仕舞いをするということです。

これは銘柄を買った時にこうなったら手仕舞いしようと決めてその通りにためらわずに実行することが大切です。

私の場合はいくつかルールがありますが一番の基本は5日線割り込んだら手仕舞い候補になるということです。もちろん将来のことはわからないので5日線割り込んで手仕舞いしたらその翌日暴騰したということはありえますがこれは

しょうがない(笑)

です。

考え方は色々ありますが

騰がるものは強い
下がるものは弱い

弱くなったら手仕舞い

です。その弱い最初のシグナルが5日線割れでその次が25日平均線割れです。

手仕舞いの最大の目的は

壊滅的なダメージを避ける
キャッシュを死蔵させない

ということになると思います。
手仕舞いのルールを自分なりにきちんと決めて実行するのが吉ですね。

たとえば株価が何倍にもなった銘柄があったとすると一本調子で騰がり続けたというわけではなく騰がっては下げさらに騰がりまた下げというジグザグを繰り返して数倍になることが多くこういうケースでも下げはおつきあいしないという感じになるでしょうね。

| | コメント (0)

2018.04.13

爽やかな季節になると・・・・

みなさん、こんにちは
段々と爽やかというか新緑のシーズンになってきました。おそらく寒くもなく熱くもなく風は爽やかで
この季節が好きな人は多いのではないでしょうか。

私は季節自体は爽やかだと思いますが自分の中で好ましからざることが起こったのがこのタイミング(特にGW前後)が多いのでこの爽やかさを感じるとともにその時の出来事を思い出してしまいますのであまりこの季節は好きではありません。

そんなこと個々にアップしてもそれほど興味があることではないと思いますが、最近では6年前に入院したことを思い出します。心臓の冠動脈が全部詰まってしまい心臓のバイパス手術を受け退院したのですがその2週間後の感染症にかかってしまい再び病院送りになりました。その時に最初の症状が炸裂したのかこの爽やかな時期でした。

私はそれほど詳しくはなかったのですが二度目の入院はかなりやばかったようで、ICUに3週間いました。その間ずっと点滴で(飲まず食わずでしたが空腹感も喉の渇きも全くないんですね)過ごしていました。テレビもなく新聞もよまないと今日が何日かわからなくなるものです。

ICUから一般病棟に移動するときに師長さんが私のところにきて

あなたが諦めなかったからここまで改善したんですよ・・・

と声をかけてくれました。

私は呑気にすごしていましたが病院側では私がICUで死ぬ可能性も考えていたのだと思います。

退院して6年経ちますがそれなりに気をつけて過ごせば不自由なく過ごすことができるし、この時期の心地良い風を感じることができます。

生きていると色々なことがありますが、色々な管に繋がれて不自由な生活をするよりも管がなく自由に動けることは何をおいても素晴らしいと思いますしこれができれば後はどうでもいいやとも思います。

今年はこの爽やかな季節は何事もなく通り過ぎますように・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.07

銘柄は当たらない

みなさん、こんにちは
株式投資では銘柄を選ぶのが大事になりますが儲かる銘柄を見つける方法があるのかというとありませんというか私は知りません。

もしこの方法があれば株で損をする人は誰もいないでしょう。

株式投資をする前提として

自分は大当たりする銘柄を見つけることはできない

です。

大当たりのイメージですが例えば100円から1000円まで毎日騰がり続けるということはないと思った方がいいです。

100円→130円
130円→120円
120円→150円
150円→130円
130円→180円

みたいな感じの値動きを繰り返し時間をかけて1000円まで行くというイメージです。

100円で買って180円まで持っていてもその後140円まで下がったら持っていられるでしょうか・・・

仮に100円から1000円になる銘柄に投資できたとしても投資した時点ではそんなことわからないので1000円
まで持っていられる人はいないと思いますし1000円まで持っている必要はないと思っています。

自分が今持っている銘柄で大当たりするものない。

のが普通です。

 

ではどうやって銘柄を選ぶのでしょうか。

それはスクリーニングするしかありません。以下私見なのでこれが正しくそれ以外は間違っているということではありません。

75日平均線が右上がり
25日平均線が右上がり
現在の株価が25日平均線よりも高い
株価の位置が

株価>25日平均>75日平均

もちろん200日平均よりも現在の株価が上である。

のものを買う。

その銘柄が元気がいいものであれば上記に加えて5日平均線を上回っているものを買う

決して買ってはいけないものは

現在の株価が25日平均を下回っている
現在の株価が200日平均を下回っている

です。こういうのを買ってもいい人は資金と時間がたっぷりあるという人に限られます。

これで銘柄を選択して実際に買ったら後はメンテナンスだけです。

元気がいい銘柄もそのうちに元気がなくなります。

手仕舞いのルールを決めるのが大事です。これは人によって色々あると思うので詳細は避けますが私は基本は5日平均を割り込んだら手仕舞い候補にしています。

| | コメント (0)

2018.04.04

敗北感の中で

みなさん、こんばんは
株式投資で手仕舞いってどうやっていますか?

私は簡単にいうと弱くなったら手仕舞いします。例えば勢いよく騰がっているような銘柄は5日線を割り込むのが1つの手仕舞いのルールです(いつもとは限りませんが5日線が重要な指標になります)

従ってどんなに利益が上がろうが買った瞬間に5日線を割ろうが割りそうな銘柄が手仕舞い候補になります。

実際に手仕舞いをするとけっこうショボ~~ンとします。

利益が出ていようがでていなかろうがショボーンとするし敗北感があります。利益が出たか損を被ったとというのは手仕舞いには関係ありません。

今日は私のポジションの中でメインの銘柄に2つ異変があり手仕舞いしました。それなりに利益は出ていたのですがちょっとショボ~~ンですし残念です。

ところがその後この2銘柄立ち直ってきたので再び買い直しました。普通は手仕舞いした銘柄をその日のうちにまた買い直すというのはあまりないのですが例えば5日線を越えてきたとかいう場合はこういうことは躊躇なくやります。

また以前にポジション管理が大切だといったと思いますが今はまだ強気はダメでせいぜい資金の50%以下でポジション組成するようにしています。

| | コメント (0)

2018.03.31

売上の割合

みなさん、こんばんは。

ビジネスをやる場合には売上の確保が重要になります。まずは活動資金をカバー出来る売上の確保が大切になります。ではそれがクリアーできたとしてそれでいいのでしょうか?

例えばクライアントが1社しかなくそこへの売上が全売上の100%だとたとえ売上で活動資金を賄えたとしても危険です。売上が偏るというのは売上先が無理難題をいってきた場合にそれに従うか全てを失うかという選択を強いられることになります。とはいってもいきなり複数の顧客があり、しかもその売上高合計で活動資金が賄えるというのは難しいので最初は偏ってもやむを得ないと思いますがそれに安住することがないようにしたほうがいいです。例えば自分とクライアントは信頼関係今はあっても、そのクライアントが買収されて株主が変わってメンツが一変するということは十分あり得ることです。今は跡継ぎがいない中小企業のM&Aが少なくない時代なので「安住」は危険です

常に売上の分散(できれば1顧客への売上が全体の20%を超えないようにすれば理想だと思っています)を考えたほうが自分のビジネスを危うくするリスクが減ることになります。

| | コメント (0)

2018.03.24

一番大切なこと

みなさん、こんにちは。株式投資はNY,東京市場共に不穏さを増しています。NYは一昨日は700ドルくらいNYダウ工業株指数(本当はこれよりもダウ輸送株指数の方が大事なのですが)が724ドル下がり昨日は424ドル下がりました。日本では25日平均が大事ですがアメリカでは50日平均が大事でこれを割り込んだようです。また日本もアメリカも同じですが200日平均を割り込んだら上昇トレンドは終わりといわれます。NYダウ工業株指数の200日平均は
23,300ドルで昨日の終値は23,533ドルなので風前の灯という感じです。

東京市場は木曜日こそ堅調でしたが昨日は日経平均は974円安で完全に200日平均を割り込みました。私見ですが200日平均を割ったら株を持ってはいけないと思っています。

株式投資で一番大事なことはポジション管理だと思っています。ポジション管理とは株式投資に回せるお金を100としてどのくらいの割合を投資してその位の割合をキャッシュで持っているかということです。

例えば円安で米国10年国債の利回りが2.6%くらいで安定しておりダウ輸送株指数が日足、平均が全て右上がりであれば投資金額を全部株に投資してもいいと思いますが、円高で利回りが低すぎる(株から債券に資金が逃げている)、ダウ輸送株が下がり平均戦も右下がりの場合は株をもつべきではありません。

というのがポジション管理です。

株式投資はお金を株に変えないと利益がでませんがそれだけリスクに晒させることになります。

例えば今投資金額を全部株にしているというのは非常に危険です。私は東京市場は一昨日は堅調だったので若干試し買いをしましたが昨日の異変で持っていたものを全部手仕舞いしました。ロスが少しでましたがこれをまだもっていて傷が大きくなるよりは遙かにましです。(その後昨日は復讐を成し遂げました(^_^;))

今は極論すればオールキャッシュで株なんか持っていたら死ぬよ・・・・

です。

でも下がってもいつかは必ず騰がる・・・・という考え方もあります。

これはお金を死ぬほどもっていて時間もたっぷりある人にあてはまると思いますが私のような零細な微粒子の投資家には当てはまりません。

また日経平均先物夕場は210円安で月曜日はけっこう厳しい下げで始まるかもしれません。

ポジション管理がちゃんとできれいれば壊滅的な損失を被ることは免れるでしょう。

| | コメント (0)

2018.03.10

色々心配なことがあります

みなさん、こんにちは
東京市場は昨日がSQで無事に通過したようです。2月は月初から爆下げにみまわれ2月14日は日経平均はなんと200日平均を割り込んで20950円まで下がりました。下がる直前は株屋のみなさんがテレビなどで日経平均は25000円は堅いなどといっていましたし25000円という数字はそう無茶な数字ではないと思っていましたが冷や水どころか絶対零度の氷を投げつけられたようなものです。1月23日は日経平均は24,120円だったのでこの下げはかなり強烈で大きな損失を被った投資家は少なくないと思われます。

株の場合はこの2月14日の20,950円から上昇しますがこれで底を打ったわけではなくこの上昇の後打ち返しがあり下がります。この下げが20,950円以上で止まれば20,950円が底だったねということになりますが3月3日は20,937円までさがり二番底どころか一番底はどこだという感じになりました。しかも3月9日はSQなので今週が一番株が下がりやすいタイミングでした。

今みると20,950円が20,937円になったらといってどうってことないじゃんですが既に200日平均を割れているので下がった値段よりもどこまで下がって一番底をつけるか(試すか)という恐怖がありました。

こういう時はお金と時間が無限にある人は突っ込み買いしてもいいのかもしれませんが私のような零細な微粒子のような人はこんなことをしてはいけません。個人的には3月8日から(騰げ幅は物足りませんが)落ちついてきたと思っています。昨日のNYは堅調でダウ工業株440ドル高、ダウ輸送株指数は274ドル高、ジャングボンドETF指数は0.36%高なので一安心という気がします。

またアメリカでは税の還付金が入ってきているのでこれらが株式市場に投入されると基本的に騰がる方向になると個人的に考えています。

ではそれでいいのかというとそう簡単ではありません。

実は個人的にですが日経平均が騰がる(指数が騰がるといういいかたをします)相場って好きではありません。
例えば日経平均が爆騰げします。日経平均先物の夕場は340円高だったので月曜日はよほど突発的なことがない限り(例えば北朝鮮はアメリカとの会談をする予定がないとか決裂したというような類ですね)このくらいは騰がるでしょう。ではどんなものを買っても利益がでるかというと・・・・

日経平均は225種類の銘柄の騰げ下げを反映します。もっというと

ファーストリテーリング
ファナック
東京エレクトロン
ソフトバンク
トヨタ

などの日本企業の重鎮の面々の株価が大きく影響します。私は基本的に日経平均に連動する銘柄は今回の暴落のようなことがあるのであまり魅力を感じません(優良な会社であることは認めますが) もし日経平均に連動しているいわゆる優良株に多く投資していた投資家はかなりの痛手を被ったはずです。

指数が騰がるとこういう銘柄に資金が集中してしまい中小型への銘柄が売られることがありますのでポートフォーリオを見直しする必要があります。

楽観的なとらえ方ですが、先月暴落でやんちゃなファンドはかなり投資を整理して売りたくても売り崩すだけの力はないということになり、昨日のSQで持分はチャラになったので来週からどうしようか・・・・という状態なのでしょう。

以下私見ですが(外れるかもしれませんが)

暴落させる力はない

ここからは売り叩くよりも買って値上げを期待したほうが利益を得ることができる

税の還付金が控えているのでこれは好材料

ですが

物色の対象が日経平均に連動する銘柄とか景気敏感株になるかもしれない

です。これは想像なのであまり決め打ちするのは危ないので月曜日に様子をみてから物色が変わったのかまだ同じ中小型なのかを判断する必要があります。

騰がっても下がっても心配事って尽きないものですね~(^_^;)

| | コメント (0)

«ビジネスの成功