2017.04.24

空売り

みなさん、こんばんは、
株式投資は買った後により高い値段で売却して利益を上げる方法と高い時に先に売って安くなったら買いもどして利益を上げる方法とがあります。

後者は空売りという方法で株式投資で短期間に破滅する可能性がある方法です。

4月は先週までは東京株式市況は芳しいものではありませんでした。
東証が発表している数字だと全取引に占める空売りの割合がほぼ40%くらいです。

これは多い方で空売りは今は高いけど後は下がるのという見込みでやります。
空売りは売りなのでこれをやると株価は下がります。ところが空売りは売った株を買いもどして手仕舞いします。

例えば今1000円にしている株がありこんな会社の株がこんなに高いなんてありえないのでどうせ下がるから今のうちに空売りしようということで空売りしたとします。これが思惑通り下がり800円になれば200円の利益になります。

これはハッピーな場合です。

ところがこんな会社の株がなぜか人気化してしまい1200円になってしまいまだ勢いが衰えないと手仕舞わないとロスが拡大するのでここで1200円近辺で買いもどして手仕舞います。この場合に同じように空売りしていた人が沢山いた場合はこれらの人が一斉に手仕舞いすると急に買いが増えるのでこの買いで株価を押し上げてしまい空売りした人達は阿鼻叫喚ということになります。

今日高かったのはこれらの空売りの買い戻し(ショートカバーといいます)だと思います。相場そのものはまだ上昇基調になったとは言いがたいですがこれが上昇基調に転換すると、今月死ぬほど空売りした人達が恐怖心から買いもどし買いが買いをよんで阿鼻叫喚になる可能性があります。

空売りはコワイですしこの阿鼻叫喚を見ることができるかどうか・・・・

個人的にはこの阿鼻叫喚に立ち会いたいですね~

| | コメント (0)

2017.04.22

毒吐く独白シリーズ 4時間超えは勘弁してください(^_^;)

みなさん、こんにちは
団地の理事会(別名雑用係の会)は来月住民総会があるので議案書の仕上げのために月2回開催されています。この何回かはなななんと会議の時間が4時間を超えます。

理事会は日曜日にやるのですがここで4時間経っても終わらないというのは私には受け入れられません。

議論が白熱しているというわけではなく、字句の問題です。

ページ1の表題とページ10の言葉の使い方が微妙に違う
ページ2の数字は全角ではなく半角ではないか

というレベルです(笑)

有価証券報告書を作って提出するということであればこういうことも大切ですがそうでないので無視しても問題ないと思っています。

理事はもう仕事を引退して他にやることがない人もいれば現役の人もいれば、日曜日の理事会の日に何の予定もない人もいれば予定がある人もいます。

特に予定がある人の場合は連日の4時間超えはかなり堪えます。

こういう類の会議は2時間が限度でそれを超えると集中力がなくなってきます。

理事の中で間の悪い人がいてみんなが疲れてくると

街灯の街ってこんな字だったけ?外灯じゃないの?

と言う類の発言を必ずする年配の人もいます。

集中力がなくなってきたところにどうでもいいことをいわれるとかなり体力を消耗します。

最近この類の議論で4時間ここにいるというのは悲しいものがあるので予め2時間で切ってこれを超えたら逃亡することにしています。

暇な人もいればそうでない人もいるので2時間で終わるようにして欲しいですね~

明日もこれがあるのですが2時間過ぎたら逃亡します(^_^;)

| | コメント (0)

2017.04.21

今回はトレーニングです。

みなさん、こんばんは

4月は今まで下げ基調でした。今日は風邪引いた病人が熱が下がって立ち上がったような感じでここから回復に向かうかまた熱が出て寝込むかが来週になると思います。

私は空売りはやらないのでこういう時に利益を出すということはできません。

できるのは自分が構築したポジションが下げ相場の中で目減りしていくのを指をくわえてみているのを避けるということです。

簡単にいうと

フルインベストしてもいいときは

米国10年国債の利回りが上昇している
上記により円安になる
ダウ輸送株指数が堅調である
ユーロドルがユーロ安

です。これはグローバルマネーの流れが拡大しています。
ただしこのような好環境でも何を買ってもお利益がでるわけではなく強いものと弱いものがあります。例えば現在のトヨタは誰がどうみても優良企業です。しかも今日反発したといっても5855円で安いです。

優良企業で安い

今これに投資するとハマります。今はトヨタは弱いです。現在の株価が75日移動平均、25日移動平均より下で少し騰がるとたたき売られます。弱い銘柄の代表が今のトヨタになります。

逆に株をやってはいけないのは上記の逆です。

米国10年国債乗り回りが下落している
ドル円が円高である
ユーロドルがユーロ高である
ダウ輸送株指数が下落して25日平均を割っている

こういう場合は投資してはいけません。極端な話持っているいるポジションを全部投げなければいけないかもしれません。

こういう時にポジションを大きく長くもっていると指をくわえて自分の資産が目減りしていくものを見ていることなってしまいます。

ポジション管理って大切だと思います。

今回は逆風の時に所作をどうするかというトレーニングでさらに相場の転換点をどのように把握して今度は持たざるリスクをどのように回避するのかというのを勉強しています。

株式投資で利益をある程度積み上げることって簡単ではないですね~

| | コメント (0)

2017.04.20

勝率は関係ないです

みなさん、こんばんは
株式投資で利益が出たら勝ち、損失が出たら負けというカウントの仕方をすると何勝何敗ですか?

8勝7敗ですか?
9勝6敗ですか?

私ははっきりと統計は取っていませんが感覚的には勝率30%くらいです。これだと
4勝11敗くらいです。

ダメじゃんですか?

ちなみに私のやり方は逆張りの人にとってはアホ以外の何者でもありません何の参考にもなりません。

私のやり方は予め強い銘柄を何銘柄かピックアップします。そしてそれぞれを試し買いをします。この段階では全力ではありません。今は相場環境が良くないのでフルインベストなんてどんでもない話で投資額の30%前後で70%はキャッシュ温存しています。

イメージとしては海に投網をかけるという感じです。

それでその後様子をみます。

残念ながら25日平均を下回ったものは非情に手仕舞いです。

ところがその中で強いものがでてくるとそれに資金を集中します。

簡単にいうと11敗は大きな負けにはならないようにします。4勝のうち2勝とか3勝は強いものに資金を集中して大きく利益を取るようにします。

今だったら候補の銘柄はありますが全力ではなく試し買いです。

この場合大切なのは何を試すのかです。

今回試し買いしたのはまだ25日平均を超えていないのですが勢いがあるので25日平均を超えたら試し買いに本玉を投入することになると思いますが残念ながら25日平均で打ち返され突破できない場合は手仕舞い(多分負け)です。

試し買いは何を試してちょびっと買うのかという目的を明確にしたほうがいいです。

今のように環境が良くないと投資はせいぜい50%くらいまででそれ以上のポジションを組むのはコワイですね。

ただまだまだ環境が悪いのでキャッシュは50%以上温存していてきたるべき投資適格な環境に備えたほうがいいと思います。

| | コメント (0)

鬼門(^_^;)

みなさん、こんばんは
コンサートに行くときに意外と一度も行ったことがない場所は彷徨うことはありません。
それは行ったことがない場所は彷徨うと困るので住所や電話番号はメモしてグーグルマップを用意します。

ところが一度行ったことがある場所は変な自信があり準備がおろそかになります。行ったことがあるといっても完全に道を覚えているわけではないので道が一本違っただけであたかも目的地が移動しているような錯覚を覚えることがあります。

一昨日のコンサートの会場は以前無事に到着したのですが道はほぼ覚えていなかったので用心してグーグルマップを使いながら歩いたのでスムースに到着することができました。

昨日のコンサートは一昨日のコンサートと同じ場所だったのでこれは変な自信があり一昨日と違う道を歩いてしまいました。これだけで周辺の景色は別世界でした。

駅から10分も歩かないで本来たどり着けるはずなのですが昨日は30分以上彷徨いましたが無事に到着できました。

コンサートホールの鬼門は汐留のベヒシュタインサロンです。ここは新橋からの道順を丁寧に教えてもらいグーグルマップを使っても2度たどり着くことができませんでした。

このホールではコンサートの機会がけっこうありたどり着けないといってもベヒシュタインホサロンが自ら移動しているわけではないので、新橋から行くのは断念して汐留駅からの道順は覚えたので次回からはここは鬼門にならないと思っています。

後は行ったことがない場所で駅から1分というのも鬼門です。

これも彷徨っても所詮駅から1分だからたどり着けないわけがないと高をくくるのですがこの状態で2時間以上彷徨った挙げ句にたどり着けなかったことがありました(笑)

車を運転することはできませんがこれのせいだけではなくどうも目的地へたどり着くという能力は著しく劣っているようです。

私のこの目的地は到達する能力の欠如は演奏家の方々もご存じのようで、終演の際にご挨拶すると

無事にたどり着けました?(笑)

と心配されることが多いです(^_^;)

| | コメント (0)

2017.04.18

不思議な体験

みなさん、こんにちは。このブログで毒吐く独白シリーズを書くときに最近いい歳してわけわからんジイさん、バアさんが多いと感じる事が多いです。ところがかなり前ですがバスに乗っていてエライ目に遭ったことがありました。

私はその時にシルバーシートに座っていました。その後からお婆さんが乗ってきて私にそこをどけといいました。

ちなみにそのシルバーシートは人が2人座っても少し余裕があるくらいの広さですしお婆さんと書きましたが弱く細い感じの人ではなく体重はおそらく100㎏は超えているという堂々とした人でした。

私が十分な場所があるからそこに座ればいいではないですか

というと彼女は

薄情な男だね!

と言い放って座りました。

ここまではちょっと変ですがそれほど変では状態です。

私の想像ですがこの人は何度も似たようなシチュエーションで座っている人をどかせて十分にスペースがある席を独占したのでしょう。

しばらくするとこの人は支柱を掴んで私を押し始めました。最初は圧力は感じたけど何が起こったのか分からなかったので横をみるとこの人が必死の形相で私のことを押して排除しようとしていました。席を独占できないことが許せないのでしょう。

私の最寄りのバス停におりて後をつけられても面倒なので、バス停の途中でこの人を押し返して(力なら私の方があるので)逃げました。

感想としては何だったんだ・・・あのババアは

その後会ったことはないですがあの後も同じことを繰り返して乗客を排除しているのかと思います。

| | コメント (0)

2017.04.15

未来はわかりません

みなさん、こんばんは
今日の東京市場は冴えずにしかも日経平均先物夕場は90円安の18,290円です。
はっきりいって冴えません。

少なくともいえるのはこういう時にフルインベストに近いポジションだと危険です。

では来週は間違いなく下がるのかというとわかりません。

現在底を打ったのかどうかわかりませんが底に近づいているといえると思います。

底を打っていなければ来週下がるかもしれませんし、底を打ったのであれば来週爆騰げがるかもしれません。

こんなこと誰でも言えることですがどっちかわかりません。

少なくとも今言えるのは爆騰げに備えて銘柄を見繕っておく必要があると思いますが今週は下がることに賭けるとか騰がる事に賭けるということは止めたほうがいいと思っています。

理想は今は100%キャッシュだと思います。

来週早々はどっちになるか静観しているのが正しいような気がします。

下がれば静観を続け騰がれば見繕ったものを試し買いになるでしょう。

分からないときはどちらか一方に賭けるのは止めたほうがいいと思います。

| | コメント (0)

2017.04.14

ポジション管理

みなさん、こんにちは
現在はグローバルマネーは株から逃避している状況です。まずアメリカ10年債の利回りが低下しています。3月半ばには2.6%ありましたが今では2.2%台です。これは国債が買われたために国債価格の値段が上昇して利回りが低下したということになります。

国債が買われるというのは株を売り売ったお金で国債を買うので株式市場にとってはマイナスです。

日本は円安→株高 円高→株安ですから利回りが低下しているということは円高になり日本株というよりは日経平均はこの状態が続き限り騰がりません。

また先行指標であるダウ輸送株指数は昨日はかなり下げ防衛ライン(古い表現ですが)の25日平均を下放れてきました。

誰がどうみても株式投資に適している環境とはいえません。

みなさんの中で現在投資資金のどのくらいの割合を株式投資していますか?

え・・・・100%(フルインベストメント)ですか?

それは危ないですね~

こういう時の理想はオールキャッシュで株を持っていないのがベストだと思います。

腕に覚えがある人は空売りなどで利益を得てもいいですが私のレベルだと空売りすると失敗するので基本は静観です。

どの銘柄を買ったらいいのかという銘柄選択は大切ですがそれと同じくらい大切なのはポジション管理です。株式投資に回している資金のうちのどのくらいの割合が現在株に投資されているのかということですね。

円安
アメリカ10年債利回り上昇
ダウ輸送株指数堅調

という場合はフルインベストメントしても問題ないと思いますが現在フルインベストメントの状態だとリスクが大きいかもしれません。

ちょうど酷い吹雪の中を服を着ないで外出するようなものです。

| | コメント (0)

2017.04.13

久しぶりに美味しい物を食べました

みなさん、こんにちは
今日は久しぶりに私の本業の先輩と会い食事しました。

会食するときは間違いない場所を選びますが今日は日本橋三越のひらまつ系のレストランで食事しました。

このレストランは盛りつけがきれいで味も良く接客もよくハズレがありません。

安くはありませんが高額でもなく質を考えるとリーズナブルだと思っています。

今日はお互いの近況を話ししたり東芝の問題などをけっこうお話しすることができました。

また現在抱えている課題なども意見交換(守秘義務を守っている範囲でですが)をしたりと充実した時間でした。

社会に出ると色々なことに遭遇しますが今日は私が新人の時にあっという間に戻りました。当時無能だったのですがこの先輩にチャンスを色々与えてもらったので感謝しています。

自分の原点に戻ることができる時間ですしこういう時は必要ですよね~

| | コメント (0)

2017.04.12

東芝の決算発表について

みなさん、こんにちは
昨日東芝の第三四半期の決算発表が行われました。ニュースで話題になったのは監査法人が決算について意見表明しないという異例の状況でニュースでは監査法人のお墨付きがないということが強調されていました。

今回発表したものは本当の決算ではなく4月から12月までの9ヶ月間の決算で四半期決算で第三四半期(以下3Qと書きます)の決算です。

この四半期決算に行う監査法人の作業は監査ではなくレビューといわれるものです。

監査はそれが監査であるために必要な監査の手続きがありますがレビューは監査法人の手続きが簡略化されています。

また決算における監査報告書が決算に問題なければ

全ての重要な点において適正に表示しているものと認める

という表現になりますが四半期決算はレビューの結果問題がなければ

適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった

とわかりにくい(二重否定のような)表現になっています。

簡単にいうと全然違うということが認められなかったという感じですね。

今回の問題はアメリカの子会社の巨大な損失の発生が今期としていますが前期以前に発生していたのではないかという疑問に対して前期以前に発生していないという判断するための情報を監査法人が得ることができなかったようです。

誰が悪いのかは当事者ではないのでわかりませんが、今朝のニュースの東芝の今回の強行の理由が気になります。

東芝は自分で調べたけど間違いないので強行したという趣旨のことをいっていますがこれは現在の証券制度を理解していないのではないかといわれても仕方がないくらいの強弁になります。

今は上場している会社は自分で作った決算書を「自分がいくらこれは正しいといっても意味がなく(もちろん私は正しいと信じているという宣誓は必要ですが)これを会計、監査の専門家がチェックして正しいですとかいうような体制が現行の体制なのでいくら東芝自体が今回の決算が正しいといっても何の説得力もありません。

また監査法人が問題にしている子会社の巨額損失が今期に認識されるのか或いはもっと前に遡って認識されるべきだったのかということは会社の判断を示せばいいだけのことでこれが十分に示されなかったり誤っていた場合には過去の決算曽は間違いだったといことになります。

想像ですがこの判断に必要な資料が提出されずに言葉だけで監査法人を説得しようとしたのではないかと思いますが監査法人はこれを鵜呑みにして後で結論が間違っていたら巨額な損害賠償をしなければならずこの部分は慎重に資料を積み重ねて判断します。

政策的な判断はどうなるか知らないのですが個人的にはこの会社は上場を維持させてはいけないのではないかと思います。

またものすごく気になったのは社長の表情が全く疲労困憊していません。

当事者意識がないような感じですね~

| | コメント (0)

«レポートに書くよと脅かされても・・・・